スッポコ谷の楊貴妃

もうすでに還暦女子。すっぽこだにで瘀血と戦ってます。ホテルの換気扇が嫌いすぎて旅行できないのが悩み。映画の感想を書いていきます。(^o^)

愛と救いの観音経 2006年 瀬戸内寂聴

なんのご縁やら、寂聴が、観音様(観世音菩薩)を敬っていたことは知っていた。彼女はすごく信じていた。

この人の本ならうまいこと解説してあるだろう、と思い、即購入してしまった。

いろいろな悩みを仲裁し、良い知恵を授けてくださるだろうと、私も半分信じた。信じるほか、解決のできない問題もあるし。弱い心の人間は、視野も狭くて一本道しか見えていないだろう。私もそういったタイプだ。だから問題が中々うまく解決できないのだ。こういうバカには観音のフレキシブルな不思議な知恵と力が必要だ。

そう思ったスッポコはこの観音様を真に受けてお祈りした。お経を唱えた。

いやー激変しましたよ!これはびっくり、あっという間に、不思議な解決法で、解決しました。

いやー、驚いたね!

 

延命十句観音経というものがあり、これは大層短いお経であるため、唱えやすいと言われてい流が、このお経には深い意味があって、それを簡潔にいっているだけのことであり、難しい。寂聴はこの延命には触れずに

妙法蓮華経観世音菩薩普門品偈 (ふもんぼんげ)を中心に解説をしている。たとえ大火や水難に遭っても、観音様の力で助けてくださる。その他いろいろな第特典が並ぶ。

まあ、こんなことが本当に起こるのであれば、お経を唱えてみても損はあるまい、とすっぽこは思った。

 

また古典の今昔物語の第16巻には、観音様の不思議な霊験記が、多数のっているとしている。

面白いおとぎ話のようでスイスイ読めるからいい。

こんなことがあっていいのかと思うが、もともと、仏教は 色即是空などといって超不思議なものであろう。

 

愛と救いの観音経

愛と救いの観音経

 

 

 

延命は短いが、意味深いと思った。