スッポコ谷の楊貴妃

もうすでに還暦女子。すっぽこだにで瘀血と戦ってます。ホテルの換気扇が嫌いすぎて旅行できないのが悩み。映画の感想を書いていきます。(^o^)

オディセイ 2015年

マットデーモン主演の宇宙物です。宇宙対応の大きなドームヘルメットから見える顔はビューティフルマインドのラッセルクロウとよく似ててね、ウッカリ者のスッポコはラッセル主演のものならと、見てしまった。

しかし、出て来たのは当たり前マットデーモン兄貴であった。

ラッセルクロウであったら難しいトラブルに会ってしまい、とても地球に生還などできなかったかもしれない。なんでも難しく考えてしまうのだから。

火星の大嵐で負傷して風に飛ばされ行方不明になる彼(ワトニー)である。残りのクルーはやっとの事で火星を脱出して、地球に帰ったが、政府はワトニーのことは死んだことにしてしてしまった。

ワトニーは残りの食物などで、生き延びることをかんがえるのだった。考えたところで、火星で、うまく生涯を送ることにどんな意味があるのか疑問であるが。

彼は寒さと戦う、Hungerとたたかう。感謝祭のために取って置いてあったジャガイモを見つけて、

畑を耕しジャガイモの栽培に成功する。400個も収穫する。過酷な環境で、ありったけののアイデアを出して生きて行くのだった。そりゃあ、宇宙飛行士は、生え抜きのエリートで、オツムがよろしいからなと、感心して見ていた。

ある日、通信手段を見つけて地球に通信したところNASAでキャッチされ、彼が生きていることがとうとう地球の人々に確認されたのだった。

大騒ぎになって、救出チームが組まれてロケットが火星に飛ばされたのだった。

この映画での一か八かの判断は、大体は緻密な科学的知識に裏打ちされたものであったが宇宙の藻屑となるか、帰還して地球人となるかの境は紙一重であった。それでも人間たちは宇宙の大自然に果敢に臨み、彼の奪還に成功するのだった。人間の知恵と勇気の賛歌といったところだ。

地球に帰って来た彼はNASAで自分の体験をはなし、英雄としてadmireされるのだった。