スッポコ谷の楊貴妃

もうすでに還暦女子。すっぽこだにで瘀血と戦ってます。ホテルの換気扇が嫌いすぎて旅行できないのが悩み。映画の感想を書いていきます。(^o^)

借りぐらしのアリエティ 2010年 米林 宏昌監督 the secret world of arrietty

ステキですね。この監督は、思い出のマーニーも監督しました。本当、ウットリですね。

ただ、何度もテレビ放送していたのに、本気になれず、途中でリタイアーばかりしてたのです。

背嚢を背負ったような父親に、少しギョッとしたが、よく見れば、ケビンコスナーばりの美男子でほっとしたよ。ママは、なんだか近所のうるさいオバチャマ風で、どうしてもママには見えまへんでしたね。あの人たちはオマケなのでしょう。お手伝いさんの声は、樹木希林です。

 

心臓に欠陥のある、薄命そうな男の子がでてくるの。自分でも、もう長くないかもと、おもっている。

その家の縁の下に、住み着いている、小人の妖精が、ウロウロして、ついつい、男の子に見つかってしまうのです。そして、この病気の元気のない男の子と仲良しになっていくのだが、この家の先祖には昔から言い伝えがあって、小人を見たという、じい様などがいたのだ。

大金持ちでな、この家は別荘なのじゃ。そのじい様も、小人に救われたとかいう、いい伝えがあったのだよ。

そういう下地があって、この妖精は、まあ、座敷童のような存在なのだろう。

この遠慮がちに動く男の子は、心臓が悪いために、老人のようにそろそろとしか動けないのだ。

同年代の男の子たちとは真反対の生活をしているので、見ていて、さすがに違和感を感じてしまうだろう。溌剌として、テキパキ動けよ!と言いたくなるかもしれないが、病気というものは、このように

人を変えてしまうものなのだ。テキパキしてしまうと、この子は死んでしまうかもしれないんだし。

ただ、この少年の生活は、閉じられていて、したいこともできず、走ることもできない、一体何を信じたらいいんだ?まるで、心を病んだ人間にも近いものがそこには見えるのだ。心を病んだものは、やはり何もできず、人並みに、歩くことや、走ることもできない。

最も弱いものを、少年という最も荒々しく、生き生きとした者に内在させたアンバランスは、観る者をマジカルワールドへと誘う為のものだ。

  まあ、良かった。この少年はきっと元気になって生きて行くことができるだろう。

アリエッテイのことも、決して忘れない。

スッポコはそんな風に楽観的に考えているのだが。

全体的に、モーツァルトメヌエットのような微かに揺れる小舟に乗って、ウトウトしながら、運ばれて行くといった具合だ。病気の人が、おどろいたりしないように、そっとそっとね。

この繊細なテーマの運び手の米林監督とは凄い人だと、感心している。民衆に媚びない人でなければ、

素晴らしい芸術は生まれてこないのだから……。

  

歌は セシル  コルベルという、フランスの、女の子。ハープも弾ける。

すごくテレビで 宣伝してたよね。でもあっという間に消えて行った。

でも映画は残った。

 

 

借りぐらしのアリエッティ [DVD]

借りぐらしのアリエッティ [DVD]

 
借りぐらしのアリエッティ サウンドトラック

借りぐらしのアリエッティ サウンドトラック