スッポコ谷の楊貴妃

もうすでに還暦女子。すっぽこだにで瘀血と戦ってます。ホテルの換気扇が嫌いすぎて旅行できないのが悩み。映画の感想を書いていきます。(^o^)

カフカとの対話 グスタフ ヤノーホ (チェコ)

カフカのことをヘル   ドクトル   、または、ドクトル  カフカ,  と 敬称で、著者は呼んでいる。

 

カフカと同じ役所に努める父親によって作者ヤノーホはカフカと面識を持った。

以後、文学、人生、政治、仕事、とあらゆることを、話し合う、いう形式で、進んでいく。

カフカ自ら話し出すということはなく、常にヤノーホが本を持って来たりして、意見を聞くという形式がほとんどである。

カフカは、役所のデスクにいたり、あるいは窓辺に立っていたりというポーズで、答えている。

大きな緑か灰色の目を時には見開いたり、すぼめたりで、言葉少ないカフカであった。

そんな少し難しい彼に、ヤホーノは友人という立場を認めてもらい得意であったろうし、貴重なものとして、大切にしたのだった。

カフカの独特な静かなポーズを繰り返し描いている。

カフカの言葉も、ゆっくりと、絞り出すようにしゃべっている気がするのは、作者の表現力のせいか。

文字を追って読んでいると、神経質になって寒くなってくる。かなり神経質なかんじをうける。

だが、カフカの言葉に真実が滲んでいるので、決して見捨てることはできない。

 

彼は考え詰めたことを、話すのである。それは怖い感じでもある。

人生を突き詰めて行けば、皆人間は、死なねばならなくなる、と、スッポコは思った。

真実とは、酷で冷たいものだ。弱い偽りの姿で、自分を捉えているから、こんなことになるのだろうか。

罪を忘れようともがいて行動する人生、彼はそれを夢遊病のような人生だ、と言っているが、まさに現代の我々もそうである。

 

文明の発達が、人間を、ズタズタにして想像力を奪ったことは、今の自分たちを少し見れば、わかりきったことである。自分も、世界も寸きざみに刻み、ある限りの小さな視野で世界を見ているというわけだ。

 

 

 

機械が、世界を担うようになるとか、そういうことを予見したり、権力が、我々ユダヤ人を、

圧迫する日が来るといっている。

著者は、まさか、と否定したが、カフカの言った通りの世界へと変形して言った。

 

戦争は、人間の想像力の、欠如によるものと述べた。

色々な悪い行為は、こうして公然と行われるているのだろう。

 

1924年にこの世を去ったカフカ。「作家という仕事のために、仕事が昂じて、こうして病になったのだ。私の不注意によるものだろう。また私が裕福な家に生まれたという罪のためだ。」と言ったと書かれている。

そうだったんだね。

 

 

カフカとの対話―― 手記と追想 (始まりの本)

カフカとの対話―― 手記と追想 (始まりの本)

 
カフカとの対話 (ちくま学芸文庫)

カフカとの対話 (ちくま学芸文庫)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大誘拐 北林 谷栄 緒形拳 共演 1991年

懐かしいですね。

また、新しくテレビで、今日、放送されたのだ。配役も変えている。寺島純子主演である。

 

 

面白かった。和歌山の吉野杉の大富豪が誘拐される。犯人の3人の若者たちの悲しい生い立ち。

北林が、いつもの婆さん役で、シャーシャーと警察を煙にまく。

世をすねて不良となった若者らの誘拐計画と、訳あってのばあさんの深情け。

大長者は考えも、やることもスケールが違うということですわ。

100億円の身代金じゃないと、嫌じゃ!と、言い張るばあさんに犯人たちもタジタジ、困り果てる。

 

全てを知った警察も、最後はばあさんの考えに協力してしまうという大逆転が起こる。

北林の大変自然で、面の皮の厚い、優れた演技は、いまだに忘れられないでいる。

日本で最高の女優といっても過言ではないだろう。

自然な演技をめざした樹木希林も頑張っていたが、やはり、北林にはかなわないとおもう。

北林は、風のように、つむじ風のように女優業を走って来た人だ。

「自分を消して演じられる」役者の一人だ。

いろんな、難関にあいながらも、涙も枯れたのか、彼女は99歳まで生きたのだった。

 

 

DVDの表紙の写真は北林と緒方が、半分ずつになっていておもしろい。センスがあると思うよ。

 

 

 

大誘拐 RAINBOW KIDS [DVD]

大誘拐 RAINBOW KIDS [DVD]

 

 

 

ロビンフッド :ラッセルクロウ主演 2010年 リドリー スコット監督

ラッセルクロウが、ロビンフッド?   あのリンゴを弓で射ったお話?

いや、本当は イギリスと、アメリカの合作で、なぜロビンフッドが、森に住む義賊となったのかという歴史を紐解くストーリーでした。

歴史を知って、ちょっと、お利口になったかも。

 

 

イギリスはフランスから引き上げてイギリスに帰ったが、イギリスでは新しいジョン王が即位した。

ただ父王が戦死したために、その放蕩息子が、即位したのだ。

王様というものは威張ったものだなあと改めて目を見張った。王の命令は絶対であるし、好物もたらふく食べれるのだ。これでは健康が持たんじゃろうな。

ジョン王は、イギリス北部の諸侯たちから厳しい税をとって苦しめた。怒った諸侯たちは、反乱を起こして国王を倒そうと集まった。そんな時に、フランスが海からやって来てイギリスを乗っ取ろうと戦いになった。ロビンフッドらは、北の諸侯らを説得して、ジョン王とともに、一丸になって、フランスと戦うことを主張した。ロビンフッドの戦さばきのおかげで、フランス軍は逃げ出し、イギリスは助かったのだった。

ジョン王は公民に、良い王になると誓ったが、勝った後で、また態度を返した。権力を持った悪い奴であった。

 

正義感、人徳があって、武勇もあるロビンフッドを皆が賞賛した為、ジョン王は怒り出して、ロビンフッドを、国賊として、追い出したのだった。見つけたら処刑しても良いなどと御触れまで出した。

 

国から追われる身となってr、見つからない様に森深くに仲間と住んだ。

そんなことから伝説の英雄として語られる様になった。イギリスを救った英雄なのに、賊として扱われ、弱い人々を助けて生きた英国の護り主のようにいわれている。

 

イギリスの深い緑の長い丘陵、気狂いの王様、フランス王の独りよがりと、いろいろ人間模様もあって、おもしろい。まるで、戦国時代劇の様にもみえる。

イギリスが、立派な旗を翻して人馬が進むところは見事だった。お金かかってるう、といった感じだ。

ラッセルクロウが出る映画は、大掛かりで、お金がいくらあっても足りないだろう。

妻役にはケイトブランシェットが楚々と演じる。

だが、この映画、ヒットしてたか、記憶にあまりない。

まあイギリスの国営映画扱いということにしておこう。

 

 

 

 

ロビン・フッド [DVD]

ロビン・フッド [DVD]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デッドプール 2016年 ティム ミラー 監督 ライアン レイノズル主演

デッドプール  をテッドプールと見間違えていたわたし。人名かと思っていたら、デッド(dead)であった。

改造人間になってしまった男。特殊な薬と拷問で、皮膚が変形し、殺されそうになるが、脱出に成功。男はそれ以後、マスクを被って復讐に出る。

恋人の美しい女にも、顔を隠していて、痛ましい。

だがメッチャ強くて、スパイダーマンの地上戦の様だ。多分真似ていますね。

暴力に次ぐ暴力。ヴィオレンスに次ぐヴァイオレンスと、いつまでもアクションが炸裂して止まらない。

やっと最後に恋人のもとで、マスクをとって、認めてもらう。

やっぱり、愛しているわ、と言われ、男は、見た目じゃなくてこんな僕を愛してくれたのかと、

感激してうっとりと愛に悶えておわる。    さらばじゃ。

 

 

デッドプール (字幕版)