スッポコ谷の楊貴妃

もうすでに還暦女子。すっぽこだにで瘀血と戦ってます。ホテルの換気扇が嫌いすぎて旅行できないのが悩み。映画の感想を書いていきます。(^o^)

カポーティ ベネットミラー監督 2005年

フィリップシーモア主演でした。もちろん、アカデミー賞主演男優賞です。

カポーティは作家として「ティファニーで朝食を」とか色々と話題作を書く作家であった。

ある静かな田舎で、一家四人が殺されるという怖い事件が起こり、村の人々は動揺する。

しかし、この事件の容疑者たちは逮捕された。

この事件に興味を持った作家カポーティは、その村へと行って見るのだった。

この事件をよく調べて、ノンフィクション作品を書こうと思い立ったのだ。

村の人々の感情の動きを掴み、村人がこの事件以来大きなパニックを背負っていることを知るのだった。

また犯人の家族、動機、性格などを調べだす。

これに四年の歳月が費やされ、監獄に入っている犯人と、面会したのも何度もであった。

本来は、重犯罪人に面会は禁じられていたが、カネとコネで会い続けた。

犯人は、みじかに話を聞く作家の真摯な姿に感銘を受け、とうとう色々と話すようになる。

家族のこと、そして殺しの時の様子も。

そうして、とうとう死刑の日も決まってしまう。

カポーティは色々手を尽くすが犯人を救うことはできなかった。

元々、救おうという気持ちばかりではなく、自分の作品を仕上げたいという強い要求が作家を突き動かしているのだった。職業上の興味であったのだ。

彼は自分の作品を仕上げることに全精力を注ぐタイプであり、完璧を期するタイプであったからだ。

興味本位の衝動を、抑えることはできないのだった。

 

本の題名は「冷血」と名付けられた。

だが、これでは犯人と作者とどちらが冷血なのか、という問題である。

 

 

 

犯人が死刑執行を見届けて欲しいというので、そのとおりにしたカポーティ

しかし、それを見たことはあまりにも辛い体験であった。

犯人はただ一人カポーティを「友人」と呼んでいた。

だからなんでも彼に話したのだ。

 

そして小説は完成した。小説は評判になり、作家の株を上げた。

死んだ「友人」 のおかげであった。 

 

その後 、カポーティは、作品を発表しなくなった。アルコールで亡くなった。まだ60歳になる前であった。

 

元々孤独であった作家カポーティ、この彼を演じたフィリップシーモアの、恐ろしいほどの集中力は、本物カポーティを超えていたといってもよいだろう。

その後、フィリップも、アルコールとドラッグで亡くなった。まだ40代であった。

 

 

冷血 (新潮文庫)

冷血 (新潮文庫)

 

 

 

 

本 「トラウマ返し 」 子供が親に心の傷を返しに来るとき 著者 小野修

 子供の頃に親から愛されない場合、子供はうまく成長できず、思春期などに、突然悪い手に負えない子に変貌する。

中年になってから、うつ病となって出てくる場合は、子供の時から母親のいう通りに、エリート街道を進んできた人とかに多い。母親の判断で動く癖がついていて、出社拒否となって現れる。

まだ子供の頃に出たほうが 治りやすくもある。

 

♯子供の成長は、やはり母親の愛情を十分に受けることである。愛情が栄養になり、健全に育って行けるのだ。♯

 

 

忙しい親、時間のない親、家族問題、金銭問題などで悩んでいるうちに、子供はスルーして大きくなり、親の手の届かない様に、シャットアウトしたり、リストカットしたり、暴力に及ぶのだ。

 

もうこれは、防ぎようのない問題の様だ。

生活の全てを一気に片付けることは不可能に近い。母親の負担は大きすぎる。

父親が精神的に支えていくときにのみ、子育ては成功するだろう。

だが世の父親にあっては、ほとんどがバカばかりときている。

利発で、家族のことを考えている父親は、ほぼいないだろう。

からして問題はいつまでも、解決できないでいる。

 

子供は親に向かって、過去に受けた傷を説明するのだ。

これをよく聞いてやることだ。何時間も話し続ける子が多いだろうが、これをきいてやってほしい。

彼らは生き直そうと本当は思っている。

親はどこまでも子供のために心を砕いてやるべきだ。

色々あるだろうが、過保護な親になりきってでも、子供を愛情の温もりで温めてやって欲しい。

それもできないのなら、親として、失格ではないだろうか。

一人ぼっちで味方のいなくなった子供の援軍は親しかいないだろう?

 

エスの箱舟の教祖、千石は、とても母親に可愛がられたのだが、ある日、「それは親のエゴである。」

と言い切って、新しい宗教団体を立ち上げた。

 

親の厚い恩も忘れたこの所業に、彼の母親はどう思った事だろうか。もう既に亡くなっていたのかな。

それでも母親は彼を悪意でなく、愛で持って迎えたと思うのだ。

 

千石剛賢こと、千石イエスのことはのちほどに。

 

愛情が伝わらないと、伝えるのがが下手だったためという事もあるが、、子供がめちゃくちゃになってしまうという事だ。

聞き分けもよく手のかからない子供は特に危険だと言われている。

 

実は私本人も、これを体験した一人だ。

母のことは、気の毒であるが、良い娘ではなかった。いつも母親の愛に飢えていた。

いくら飲んでも乾きの止まらない症状とは辛いものだ。

 

 

トラウマ返し―子どもが親に心の傷を返しに来るとき

トラウマ返し―子どもが親に心の傷を返しに来るとき

 
毒になる親 一生苦しむ子供 (講談社+α文庫)

毒になる親 一生苦しむ子供 (講談社+α文庫)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

満島ひかり

この方、ビールのCMなどにでてる人ですよね。イヤー、羨ましい痩せた体型の方で、ご兄弟も皆芸能人らしいです。就活で食うか食われるかの汗ダクの若者(我が子供ら)を尻目に、さっさと芸能界で大活躍って、どうやったらできるんだろう。   羨ましいばかりですね。

 

夏になると、敏感肌のわては、皮膚科の薬が必須になるし、ボテボテの体が醜く歪んで、我ながら気の毒な状態になる。

満島は、涼しげにビールを飲む。焼肉も炙って口に放り込む。もともと痩せているのに、こんなに食えるのか?

その時の服装が、結構なものだ。黒っぽいストライプの上着を脱ぐと、なかは、真っ白けのシンプルなブラウスだ。

うわーやめてくれ、下着まで眼に浮かぶようなこのライン!

薄色のブラは小さい胸をキュッと持ち上げて、鋭角を作っていて、ブラウスがより涼しげにみえるのだ。

まあパンティーは黒ってとこかな。ま、何色でもいいわい。赤でも青でも、緑でもね。

 

この人は服脱いだっけ?あまり記憶がないねえ。いつもおすまししてて、少女から大人になろうとしません。でもそれは。わても同じかも。

そうなのかー、カマトトのわてと、いい勝負かも。

 

だいたい、わては沖縄関係の人に 騙されて、ひどいめにあった様なことがある。

この時から、強い偏見が心に巣食ったのだった。

人のものは自分のもの、嘘ばかりついていた女だった。人間そうそううまくいかないものだ。

だがわては、目をつむって進んで行く。

 

沖縄県の人は基本的に いい人が多いと思うのだが、それは本当にそうなのだが、時として、変種が現われるらしい。

そしてどんどん酷くなる変な奴がいるのだね。

まあ変なやつはどこにだっているけどよ。

だいたい、彼らは「嘘をつくのはいけません 。」と、昔からの戒めも信じてはいない。

昔は、一人のついた嘘のために国が滅びる事もあったという。なんということだ。

 

このように沖縄県人に変な偏見を持つスッポコにとって、許されることではないんだす。

タッチという野球漫画に、みなみ、という女の子が出ていたが、南という方角を名前にするとは不届きである。それだけでこの漫画が嫌いになった。

ミナミいうのは、沖縄のことだろう。潮が満つる島なのだろう。

ヒカリは南国では降り注いでいることだろう。ヒカリとかの名前が多いように思う。

 

実際に離婚、暴力、詐欺、と多いような気がするのはわての勝手な思い込みであれば、よいが。

 

9工場の一番搾り全国味めぐりセット 350ml×12本
 

 



 

 

愛のむきだし

愛のむきだし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トウキョウソナタ 2008年 黒沢清監督

香川照幸擁する1家族、美しい妻(小泉今日子)と、二人の男の子の四人暮らし。

この一件平凡な家族の壮烈な物語といえば、そうかなという感じ。

はじめに、香川が、会社からリストラされたことから、歯車が狂い出す。

このような、管理職でやって来た男は、リストラされると、妻ににそのことを隠し、こっそりと職安にいくのだった。

職安の長い長い列を見ているだけで、人生のえげつなさが見えてしまう。

ようやくたどり着いたのは、大手デパートの掃除夫の仕事であった。

それでも何もないよりはマシである。そう割り切って 汚れたトイレなどをゴシゴシ掃除していたのだ。

こういう場合の管理職だった男は、どうにも納得がいかないという顔である。

リストラされた友人の夫婦が心中自殺するという事件を知ってショックを受ける香川。

明日は我が身というわけだ。

 

ただ、この映画は唐突になんでも出てくるので 笑える。

急に役所広司が出て来て、今日子を誘拐するのだ。海の方に連れて行ってそこで自分の馬鹿馬鹿しい人生を嘆くのだ。それを優しく慰める今日子であった。

 

今日子は、家事ばかりのアホではないのだ。色々なことに心配りをし、家族に対して、自分のできる最善のことをずっとやって来た女であった。そういう主婦をバカだと思う人の方がより馬鹿である。

 

家庭でも大変なことが起こっていて、長男はアメリカ軍の傭兵になり、中東方面に派遣される。

次男は給食費を使って、こっそりピアノを習い、父親にブン殴られる。

なんやかんやでうまくいかない家庭家庭.。

 

リストラされた事がばれた香川は、デパートのトイレで100万ぐらい入った封筒を拾ったが、

最終的にネコババをせずに返却ボックスに封筒を投げ込む。

 

このことから、人生の転機が訪れるようになる。

 

真面目にコツコツ働くようになった香川、今まで通り家事に勤しむ妻、

ピアノに天才的才能を花開かせた次男のピアノ発表会。

 

ピアノの曲は、ドビュッシーの「月の光」である。

次男はこの曲を心を込めて弾き、多くの人が、感動する。

 

父親も母親も、心から嬉しく思えた。新しい家族に生まれ変わったのだと自分達の心に確信を持って頷く両親と次男。

 

黒田監督の観察眼が光る一品である。

特にただの主婦の逞しさ、磨かれ鍛えられた人間性、ここに光を当てたことである。

 

 

トウキョウソナタ [DVD]

トウキョウソナタ [DVD]