スッポコ谷の楊貴妃

もうすでに還暦女子。すっぽこだにで瘀血と戦ってます。ホテルの換気扇が嫌いすぎて旅行できないのが悩み。

預言者 Jonah ( ヨナ)

旧約聖書のヨナという男、コレは預言者と言って、神からの言葉を世の人々に伝える人であった。ある日、彼に神の言葉があった。

ヨナよ、ニネバという街に行け、そして彼らの乱れた行いを正してこい。さもなくば、この街は四十日以内に滅びるであろうと伝えてこい!

神の言葉を聞いたヨナは、しかし気持ちが向かず、神から逃げるように港へ向かい大きな船に乗って隠れた。どうしてもニネバには行きたくなかったヨナ。イスラエルの敵国でもあったニネバ故でもあった。

神は大嵐を起こして、船を転覆させようとした。船員達は命懸けで祈ったが嵐の勢いはおさまらない。ヨナは船員たちの前に出て、この私が悪いのだから、私を海に投げてくれと懇願。私が、神のお言葉に従わなかったため、神はお怒りになってこの嵐だというと、とうとう船員達はヨナを嵐の海の中へ投げ込んだ。すると海は凪いだ。

海の中のヨナを、大きな魚が来てパクリと飲み込んだ。魚の腹の中で3日間過ごすと、魚はヨナを吐き出して、海岸に彼を着けた。

そこは正にヨナが行くのをあれほど拒んでいた「ニネバの海岸」であった。

そこで彼は神の心に添い、神のお気持ちを伝えた。

街の皆さんが、こころから悔い改めれば、それも40日という日にちのうちに悔い改めれば、この街は救われるのです。

そしてその通りになり、神は慈悲をこの街にたれた。ヨナは役目を終えて砂漠に出たが、あまりの暑さに

苦しんだーすると、大きな植物(トウゴマ)が生えてきて影を与えてくれた。その次の日には、植物は枯れてしまい、また@暑さに悩まされるヨナであった。

神は色々な試練を与えて、ヨナに愛の意味を教えたのだった。よく分からずとも色々な奇跡を見てヨナは神の偉大さと愛を知ってゆく。

ヨナという名前が可愛いのと、大魚に食われてしまうところも面白いし、その後の成行も比較的分かりやすく、童話のように語られる神様のお話だ。

 

f:id:dekochanya:20240527052350j:image