スッポコ谷の楊貴妃

もうすでに還暦女子。すっぽこだにで瘀血と戦ってます。ホテルの換気扇が嫌いすぎて旅行できないのが悩み。映画の感想を書いていきます。(^o^)

温暖化

温暖化のDVDを見たのだが、長期にわたるガソリン需要と、排気ガスによる被害が著しい。

原油を掘り出している地域の住民のかかる病気もひどいものだ。

一日中、ガソリンの炎がオリンピックの火のように地上にボーボー燃えていて、そのガスが、喘息、皮膚炎   ガンなどを引き起こしている。

発展と進歩をスローガンに目指してきた人類は、くだらぬことばかりしてきてているという趣旨で、進んで行く。

若い女たちが、大きなカッコイイ車で走る回っている。これは、何事だろうか。

不信を感じる、そのニヤリとした顔がいんしょうてきである。

 

モンブラン地方に住む山ガイドのおじいさんは、氷河が、どんどん溶けて、深い谷が現れた事を強調する。谷に降りるハシゴは150メートルになり、毎年、継ぎ足して長くなっていく。

 

雪が降らない冬を、わたしも初めてこの令和元年に経験した。

初の五月に出たタケノコは、何の風味もせずに、ダイコンの茎のような味であった。

フキに付いても同じように、香りがしないのであった。

あちこちの店で買ってみたが、やはり同じであった。

 

この変化は、何かおかしいと、いってもいいだろう。

 

雪の降らない地域に通年住んだことのない私にとって、雪が降らないということは、どういうことか、

まだよくわからないが、山の水不足が一番心配なことだろう。

水を大切に使わないウチの主人は、車族の男であり、最近体調がすこぶる良くない。

 

だんだん作物も、日照りで、できなくなってゆくだろう。

私たちは食べ物がなくなって、「なんとか飢饉」と同じ状態になる可能性も出てくる。

 

地上から食物が消える日もそう遠くない。

そもそもタネにしたって、F1とやらが優勢のため、固定種が脅かされている。

固定種は、生き残ったタネだから、病気にも強いし、代々蒔けば、実る植物である。

 

乾燥して暑い夏と豪雨が襲うようになる。これも辛いね。

 

暖かい冬で、害虫も大発生。強い農薬、のイタチごっこ。農業はますます難しいものになるだろう。

 

発展をして大きな工場が建てば、環境は害されるのではないか?お金儲けのために、大切な命を売り渡すのはもうゴメンだ。

 

「地球温暖化」狂騒曲 社会を壊す空騒ぎ

「地球温暖化」狂騒曲 社会を壊す空騒ぎ