スッポコ谷の楊貴妃

もうすでに還暦女子。すっぽこだにで瘀血と戦ってます。ホテルの換気扇が嫌いすぎて旅行できないのが悩み。映画の感想を書いていきます。(^o^)

クリーピー偽りの隣人 2016年 黒沢清監督

警察官の西島の家には、家庭的な妻の竹内結子と大きな犬(グレートピレニーズ)との3人家族。

その隣は変なおじさんの香川が住んでいた。

西島は今は大学で、犯罪心理学を教える先生になっていた。

前に、犯人を追いかけて負傷を負い、もう警察を退職していた。

新しく引っ越してきた家で、不気味な隣人の香川に疑問を持つ。それは警察官の感であった。

藤野涼子という女優が出てくるが、これが、蒼井優とよく似ていて、「え?、蒼井優が出てるじゃん」と思った。

藤野の方が初々しくてよい。

東出と一緒に、捜査していたが、東出は香川に殺されてしまう。

続いて妻も注射を打たれ、ヨレヨレになって、香川の家に閉じ込められていた。

妻が香川の家で殺されそうになった。

 

救い出しに行った西島は、香川の味方になってしまった妻に注射されて、倒れてしまう。

車に乗せられて、遠くの街に着くが、そこで香川から銃を奪って、香川を殺す西島。

これで一連の事件が終わった。

 

香川は超極悪人で、西島は善人。こんな単純明快な人間模様は、かえってイラつく元になる。

これは「喜劇ではないか」と、途中で考え出す。

これは困ったぞ。マジ、怖い話にしようとすればするほど、見る方は幼稚園の発表会を見ているような気分になる。

観客をなめているのか。

 

 

最初の犯人はどうなったのか?サイコパス心理学の応用はどうなったのか。

妻の腕に多数の注射の跡があったが、あれは麻薬なのか?

妻は中毒者になってしまったのか?

 

などなど疑問が残る中で、平然と幕を閉じる監督であった。

 

 

クリーピー 偽りの隣人[DVD]

クリーピー 偽りの隣人[DVD]