スッポコ谷の楊貴妃

もうすでに還暦女子。すっぽこだにで瘀血と戦ってます。ホテルの換気扇が嫌いすぎて旅行できないのが悩み。映画の感想を書いていきます。(^o^)

下校班、バイバイ交差点で1980ねん

学校の帰り道は 友達と一緒。お地蔵さんの前で、別れる。バイバーイ。バイバーイ。彼らの家は少し遠くにあるんだな。そのその分かれ道には、山茶花の木と、ススキとお地蔵さんがあって赤いよだれかけをしていた。そのお地蔵さんがなんか怖かった。なぜかゾッとするんだな

そこからの道は、ススキが生い茂り道が見えぬほど生い茂っている。どうして友達は、あんなところから来るんだろう、といつも不思議だった。

そこはキツネやタヌキが、騙すために、ススキの陰で待っているんだとも思った。

道無き道を進む友達。「ここまででいいよ、あんたは帰りなさい」といつも言われた。

そちらには二つの部落があって、それぞれの家に帰って行くのだった。

私は必ずいつかこの道を通って、あっち側に行って見る。  

そう決心するわてであった。小学校1、二年生のころ。

f:id:dekochanya:20180403182653j:image