スッポコ谷の楊貴妃

もうすでに還暦女子。すっぽこだにで瘀血と戦ってます。ホテルの換気扇が嫌いすぎて旅行できないのが悩み。映画の感想を書いていきます。(^o^)

エル ブリ世界で一番予約の取れないレストラン 2010年

スペイン の海を臨むバルセロナにある三つ星レストランのエルブリである。

エルブリというのは、スペイン語で、ブルドッグのことらしい。

フェラン  アドリアという男が中心にいる。この男のいうことがすべて正しいとされている。王様である。

微に入り細に入りの手法があって、真空にしたり、オブラートのようなもので包んだり、氷を使い、エアーを使い、オリーブオイル、ジンまあ 素人はほとんど知らない、ありとあらゆるものが試されてゆく。

フェランはニヤリとも笑わないで、テーブルに運ばれる試食品を少しだけ味見してゆく。

皆の顔に緊張が走ると見えるが、それが日常の店である。

それらの料理を一つ一つ写真に撮り記録して書き留めるフェランとパソコンに入れていく人とである。

何かよく分からないまま映像は進んで行く。

どんな一皿として、出来上がり、お客に出されるのかが分からない。部分部分の料理だけしか分からない。

 

お客は一人も出てこない。どんな人が来ているのか、どんな風に、食べているのかも謎のまま。

一年に200万件の予約がはいる超予約できないお店だからか、とてもお客の顔は見せられないのだろう。

でも映画なんだから、役者を使ってでも、やってほしかったな、食べているところ。

ノーマでも、やはりお客は一切出てこなかった。

エルブリでも同じだった。

お客が来て食べて意味がある、活気が出るというのがレストランというものだろう。

それともシェフの方が客より偉いのか?

うむ、やはりよく分からん。面白くない。我々はただ、指をくわえている幼稚園児の様だ。

どうせ、行くこともないレストランだし、なんか難しそうだし 、

営業秘密というものもあって、きっと本当の姿が撮りきれなかったのでは、とおもう。

誰も企業秘密は明かさないだろう。わてもいつもガセを掴まされる一人です。

現在エルブリはもう閉店したため、そこで働いていたトップシェフらによって新しい店がエルぶりの軌跡を継いでいる。

フェランアドリア、彼はきっと、疲れちゃったんだよ。

 

 

 

エル・ブリの秘密 世界一予約のとれないレストラン [DVD]

エル・ブリの秘密 世界一予約のとれないレストラン [DVD]

 
エル・ブリの一日―アイデア、創作メソッド、創造性の秘密

エル・ブリの一日―アイデア、創作メソッド、創造性の秘密

  • 作者: フェランアドリア,ジュリソレル,アルベルトアドリア,Ferran Adri`a,Juli Soler,Albert Adri`a,清宮真理,小松伸子,斎藤唯,武部好子
  • 出版社/メーカー: ファイドン
  • 発売日: 2009/02
  • メディア: 大型本
  • 購入: 3人 クリック: 14回
  • この商品を含むブログ (9件) を見る
 
エル・ブリ 想像もつかない味 (光文社新書)

エル・ブリ 想像もつかない味 (光文社新書)