スッポコ谷の楊貴妃

もうすでに還暦女子。すっぽこだにで瘀血と戦ってます。ホテルの換気扇が嫌いすぎて旅行できないのが悩み。映画の感想を書いていきます。(^o^)

ひまわり 1970年ヴィットリオ デ シーカ監督 伊 仏 露の合作

ひまわりって随分昔になってしまったなあ、でも結構はやっってたのよね。たくさんの人が見ているはずだ。

ソフィアローレンと、マストロヤンニのコンビ復活の映画である。

ひまわりの大草原が見せ場のひとつである。明るい花だが、主人公らの心は暗く哀しくどうしようもないまま、愛は引き裂かれていく。戦争のせいで、男はロシアに行き、雪の平原で倒れてしまう。男は何も覚えておらず、ロシアの女に助けられそこで暮らすことになる。

だがソフィアはイタリア製のバッグひとつで夫を探しにロシアまで来たのだった。この広い国のどこに彼はいるのか。

ソフィアは、女の執念を見せて探し出すが、

夫は、もう子供も作って幸せに暮らしていた。「ドウジョ、ドウジョ 」と言って、家に入れるロシアの女、お入りください,という意味だろうが、え?日本語?と一瞬思った。

イタリアに帰って泣きはらし、夫の写真などめちゃくちゃに壊して捨てる。

そこに、姑がやってくる。「おや、息子の

写真がないねえ、どうしたんだい」

「ええ、あの人は、ロシアで子供まで作って家族があります。」

「じゃあ、もういいから、あんたは自由に生きなさい。」姑はそう言っているように見えた。

彼女は思い出を振り切るように、別の男と結婚し、男の子ができる。

後日、夫は妻のことを思い出し、イタリアに入国し、元妻と会う。夫のイタリア行きをロシアの女は止めずに、許した。

妻と会ったが二人はお互いどうすることもできずに 、再び別れなければならないのだった。

イタリア女の気性の強いソフィアローレンの熱演に、今さらながら驚く。

 

ひまわり HDニューマスター版 [DVD]

ひまわり HDニューマスター版 [DVD]