スッポコ谷の楊貴妃

もうすでに還暦女子。すっぽこだにで瘀血と戦ってます。ホテルの換気扇が嫌いすぎて旅行できないのが悩み。映画の感想を書いていきます。(^o^)

存在の耐えられない軽さ the unbearable lightness of being 1988年 フィリップ カウフマン監督

実はこれアメリカ映画だというから驚きだ。耐えられない映画の一つだ。不倫して、また不倫して、また不倫する。ただそれだけのお話だ。美しくも、楽しくも、オシャレでもない、人のフリン見て何が楽しいかな。原作者のミランクンデラは、チェコの人でノーベル賞をもらった作家だ。えー、知らなかった。

映画が、何か変な方向に向かっていく、大げさな宣伝で売れれば良いいいという映画となって内容の薄い作品になっている。映像など上手く人物を捉えているのに、なぜ内容がこんなものになったのか、私には知る由もない。もともとの原作が良く無いためなのか。

 

いやー、耐えられないという意味がよく分かったった。ちょっと哲学的な題名に皆が騙されたのね。

 

テレザとサビーナという二人の女がいる。恋人は天才外科医のトマーシュという男。なかなか精悍な顔つきの良い男、でも男だって顔じゃないからね。

でもこの男の自信はすごいんだ。自分は女にモテる。俺にかかれば女なんか総ナメだよという感じが漲っていて、ちょっと笑えるぐらいだ。良い男を必死に演ずるのも疲れるだろう。仕事とはいえ。

相手はジュリエット  ビノッッシュで、この人はショコラ(2000年)や、イングリッシュペイシエントにでている。どちらもくだらない映画で、イングリッシュは意味さえ不明だったし、ショコラは本当にがまんできないほど、だめであった。しかしもう一度見て検討することもできるが。

ビノッシュ人気で作ったためだろう。「存在の」は、30年も前の映画である。

 

ビノッシュのカマトトぶりにはすごいものがある。ショコラの時もそうだったが、このカマトトぶりが何をか言わんやの様相である。全編を通す彼女のかわい子ちゃんぶった演技に驚くだろう。立っている姿や足の格好が9才ぐらいの何も知らない童女に見える。多分、監督がロリコンなのかもしれないね。

なぜって、わたしも、若い頃、いつも童女ぶりっ子していた記憶があり、今思うと百害あって一利なしだ。

耐えられないでは、その童女の様な表情が不倫の最中にも花咲くのだ。裸の最中も恥じらいながら童女顔でカメラ目線。バカヤロウ!と、張り倒して、踏みつけたくなる様なカマトトぶりである。カマトトはなかなか治る癖ではないので、歳を重ねたいまでもきっとそうかもしれない。憧れのトマーシュと結婚までしたのに、そっと他の男と楽しむ童女のビノシュであった。この淫乱さにスッポコはあっと驚き、また疑問も持った。

 

彼女は唯一この映画で脱いでいる。よく引き締まった筋肉が自慢だ。水泳がうまい。

きっと監督とできていたか、説得されたかで若い時の体当たりだったのだろう。

監督もなんかヒゲズラの凄い男だった。やっちゃったよ、芸術だからね、っと言って。

 

もう一人のサビーナは、初めから脱ぐための女優だった。だからして、なんか全然説得力もないポリシーももっていない退屈な女だ。ただ綺麗で、実際にも人がよさそうな女であった。

こんな女が、やれ「ソ連だ、革命だ、プラハの春」って叫んでもおっかしいんじゃない?

サビーナはもともとトマーッシュの恋人だったのだが、ビノシュに彼氏をとられてしまう。だがそれでしょぼくれる様な女ではない。おニューな男が、すぐに出現して彼女を口説くのだ。この男バカじゃないの?サビーナにあっという間にメロメロにされてしまうのだ。なんでサビーナが「革命、戦争!」とかいうだけで、サビーナに心を奪われてしまうの?この恋愛はぜんぜん革命とは関係ないじゃん!

 

サビーナが黒いフェルトの山高帽になぜ固執するのかが、一つの問いになっているが、

個人の思い入れの品であるというだけだと思う。誰にだって思い入れというものがあるだろう。

この帽子を受け入れた者(男)しか一緒にはなれないとサビーナは言う。人はそんなにバカではない。ほんとうはこれくらいのことを理解できる人は沢山いる。

 

 

 

 ビノッシュととマーシュは最後はブドウ農園で暮らしてお酒に酔ってパーティーする。

犬とか飼って可愛がるが、犬もいい迷惑だと思った。いくら仕事とはいえ(笑)。

6号室に泊まって(6は不吉な数)次の朝、二人とも、トラックを飛ばして、事故って、そのままあの世に行っちゃうんだよ。

その知らせを受けたサビーナは驚きと悲しみで唖然として立ち尽くすのであった。

 

亡くなった二人に、こんな生活をしていては、ろくなことになりませんよと、説教してやる親兄弟も友人もいなかったということだ。

 

 

存在の耐えられない軽さ [DVD]

存在の耐えられない軽さ [DVD]