スッポコ谷の楊貴妃

もうすでに還暦女子。すっぽこだにで瘀血と戦ってます。ホテルの換気扇が嫌いすぎて旅行できないのが悩み。映画の感想を書いていきます。(^o^)

カリギュラ 1980年 伊 米 合作 監督ティントブラス 等

マルコムマクダウェル(オレンジじかけの時計の主人公、)、やピーターオトゥールなどを使って撮られた作品である。

変わった作品でぶっ飛んでいるので、当時は、騒がれて物議を醸し出した。それは、この映画がまるっきりポルノだからだ。見てはいけません、いや、一見の価値あり、といろいろな噂がとんだので、どれが正しいのか分からなくなっていた映画であった。

カリギュラ効果という言葉もあり(ちょっと古かったか)、ただ、(カリグラ皇帝)というのは本当にいたらしい。

 

多数に男女が裸でたわむれるその様は、天国か地獄かといったところだ。

ティベリウス帝(ピーターオトゥール)が亡くなり、(これはがカリギュラたちが暗殺したのだが、)、若きカリギュラが皇帝となった。めちゃくちゃなことばかりしても、皇帝だから許されていた。男や女をいたぶり、退屈を紛らすのだった。

皇帝の座についたマルコムは、近親相姦の妹が亡くなってから、徐々に気がおかしくなっていった。

美しい妻とも別れるし、家臣も気に食わぬ奴は、どんどん消していった。

この本妻は、とても美しく、輿のようなものに寝そべっていて、若い男たちに性的な奉仕をさせているのだった。美しいので、目の保養になる女だった。

皇帝に子どもはいなかった。妹の子は近親相姦の子になるため、産んでおらず、また本妻にも子供はいない。

新しい、元気な娘を無理やり婚約者から奪い、子供を産ませた。婚約者は、殺された。

公開出産で生まれたのは女の子だったので、気を落とすが、王子が生まれたと宣言したりして、気がおかしいことがわかってくる。

その他にもおかしいことを言い出す。愛馬を大臣にすると言ってきかぬのだった。家臣らが呆れている間にも、

 

レズビアンあり、ホモあり、いろいろな乱行が繰り返され、それに明け暮れるので、さすがに、飽きてくる。

ただ堕落して、人間らしさを失っていくことの恐ろしさがかんじられる映画だ。

最後は、元老院の妻などにも参加させて元老院の妻は、色気狂いということになっている。彼ら総勢を集めて盛大な乱行パーティーを開かせて悦に入って見回る気狂いの皇帝となっていった。

彼に哀れさは感じれない。同情もできない。歯止めのつかない人間の堕落であるとみるのが、賢明であろう。ただ自分もカリギュラと同類だと思わないためにも、どこかで一線を引いておかねばならないだろう。

彼は自分が神であるとまで言い、自分は不滅であると言い放つ。家臣と国民を自分のものにしようと試みるのであった。

神であるはずの彼にもついに刃に、倒れる時がくるのであった。

 

 

新・カリギュラ [DVD] NLD-003

新・カリギュラ [DVD] NLD-003