スッポコ谷の楊貴妃

もうすでに還暦女子。すっぽこだにで瘀血と戦ってます。ホテルの換気扇が嫌いすぎて旅行できないのが悩み。映画の感想を書いていきます。(^o^)

天地創造 1966年 ジョンヒューストン主演 監督

米  伊の合作となっている。油の乗った年代になったヒューストンが指揮を取り、アブラハムになっている。

まず、神が天地を作り、人間のオトコを土の中から作ることから始まる。次に女もあらわれる。

アダムとイブだ。知恵の実を食べてエデンを追われる二人。カインとアベルが生まれて、神は何故だかアベルばかり可愛がり嫉妬に狂ったカインは、アベルをころしてしまう。

これらも旧約聖書の順番通りである。その後アダムとイブの子孫の 信仰に生きる義人ノアが船を作って動物を乗せる。ノアには神の声が聞こえ、他の人には聞こえない。人々は船を作るノアをあざけりわらったのだった。

助かったノアの子孫は増えて、一人は王になり、バベルの塔を作り神に対抗しようとしてバチが当たってしまう。

バベルの塔ブリューゲルの絵画にもあるような壮大な細かい造りになって画面に出て来る。

 

その後のあのノアの子孫の一人の信仰深い義人のアブラハムに、老いてからイサクという息子ができる。

神はやっとできた子を生け贄にしろと命令される。アブラハムには、人には聞こえぬ神の声が聞こえるのである。これは彼の信仰の深さゆえの賜物であり、彼は、それゆえに神に見守られているということにもなる。神に守られたなら、この世に恐れなどないだろう。偉大なる栄光ともいえる。

ただイサクは大切なひとり息子であり夫婦が年老いてからできた奇跡的な子であった。

それを生け贄にとは、とても不可能なことであったがアブラハムは、神への忠節を第一に考えて神のみこころに従うことにした。息子を火にかけようとした時、また神の声がして全てが許された。息子は生け贄にならずとも良いことになり、アブラハムは神に褒められて繁栄の未来が与えられたのだった。

 

色々理解しがたい物事が続き また利己的すぎるようにも見えて、困惑してしまうはなしである。

アブラハムは利己的ゆえに子供を捧げても平気だったという意味ではないのだろう。自分だけが神に愛されほめられたいためにやったことでもないのだろう。結局よくわからない。

 

ただノアの話はおとぎ話にようで面白い。

義人というのは節度を守り温厚で、嘘をつかず信仰にあつい人間のことだとおもう。

私も義人のようになりたいと思う。良い心をもった一個人みたいな。

 

エンターテイメントとしてはどうもイマイチ面白みのない映画である。