スッポコ谷の楊貴妃

もうすでに還暦女子。すっぽこだにで瘀血と戦ってます。ホテルの換気扇が嫌いすぎて旅行できないのが悩み。映画の感想を書いていきます。(^o^)

植物図鑑 2016年 有川浩原作

植物のいろいろな花や葉が見れるんだ、と喜んで観たところ、植物のことは何も出て来ません。

草花好きのスッポコの思った通りにはなりませんでした。

岩田剛典(タカノリ)   と高畑充希というよくわからないくみあわせでした。

行き倒れのタカノリが、ミツキのアパートの前で倒れているので、助けてやって、ミツキのアパートに住ませてやる。  まさか、拾い猫でもあるまいに、最初から嫌な胸騒ぎがしてきた。

花の出てこないつまらない作品は、どんどん進んで行き、とうとう別れのときがきた。

肩を落とししょげるミツキの元に植物図鑑の本が郵送されてきた。

それによると、あのタカノリはある有名な華道の家元の御曹司であった。

彼はただの雑草を愛しておりそれらの写真をとって、旅をしてきた。

旅に疲れてミツキの家の前で倒れた、というわけであった。

おかげで元気になり、このたび立派な写真集を出す運びとなった。

そのお披露目パーティーが今日行われると知ったミツキは急いで、パーティー会場に行ってみた。

本当に彼は、家元の御曹司であった。ミツキはその場をそっと立ち去るのだった。

立ち直れず放心した様なミツキは、むりやり元気を出そうとするのだが、どんどん落ち込んでいくのだった。

そんなある日のこと、また家の前にあの男が現われた。

今度は本気でミツキと一緒になると宣言するのだった。

どんどん幸せになって行くミツキに、ほっと安心する観客である。  ほっ!

 

このタカノリはエグザイルだそうだ。よく知りませんでした。エグザイル教というものがあるのかな。

ミツキはまた何故かおばさんの様にしか見えず、計算された様な動きが見ていて耐えられない。

何故あんな場面で、くすっと笑って見せるのか(監督にそうしろと言われてるんよね)全然あっていない。笑っているか、きょとんとしておどろいているかのどちらかだ。

もう少し自然な演技を、自分らしい演技を模索して、クスッと笑わないでもやっていけるようにならないと、今後本人がゆきどまりにはいってしまうだろう。

彼女は優等生、いいこちゃん、複雑な心理の子と見える。窒息状態だ。

 

 

植物図鑑 運命の恋、ひろいました [DVD]

植物図鑑 運命の恋、ひろいました [DVD]