スッポコ谷の楊貴妃

もうすでに還暦女子。すっぽこだにで瘀血と戦ってます。ホテルの換気扇が嫌いすぎて旅行できないのが悩み。映画の感想を書いていきます。(^o^)

human nature ヒューマン ネーチャー 2001年 ミシェル ・ゴンドリー 監督 米 仏 合作

せいさくしたのは、「マルコビッチの穴」と言う映画の監督だが、ヒューマンネーチャーはゴンドリーに監督させたらしい。マルコビッチと聞いただけで、ははあ、そうなんだと、失望にたどり着く。

ヒューマンネイチャーは1982年にマイケルジャクソンが歌った歌の題名である。

この映画は、題名からしてパクリ詐欺である。

幼稚園のいたずらっこが思いつくような、内容なのも頷ける。類人猿と、毛深い女、この二つの組み合わせには意味はないのだ。毛深い女は、自分の体を悲しんで、死のうとするのだが、死にきれずに、森の中で生活することを選ぶ。自然のまんまというわけだ。だが、男と恋がしたくなって、全身の毛を剃って、うまいことかっこいい博士と結婚する。彼女は、エステにも通って、脱毛の施術を受けるようになる。毛深い女は、男に嫌われる、と信じていたからだ。博士は子供の頃から厳格に育てられ、性格に問題があった。とても狭っ苦しい視野しか持たず、つまらない奴であったが、頭は良さそうだった。

ある日、類人猿を森で見つけて研究所に連れ帰り、檻に入れて、文化人となるべく教育し、とうとう、哲学を論じるほどの知能を身につけた類人猿となり、成功を収めて行く。

一方、博士は毛深い女とは別れて、うつくしいガブリエルという秘書と、浮気して楽しむのだった。

博士に裏切られた毛深女は再び、森へと帰り、類人猿男と、裸で暮らし始める。

その頃女は、エステで、完全脱毛に成功していたのだった。結局男に気に入られたかったのだ。

とにかくメチャメチャな話である。

 

追いかけてきた博士を、殺してしまう類人猿だったが、その罪を、毛ぶか女が被って、監獄に入るのだった。裁判で 類人猿は、無実になり、放免されて、森へと帰る。森が自分の居場所であった。子供の頃、自分を抱いてくれた大自然、マザーネイチャーの元へ。

 

しかし、これは、彼のおそろしい企みであった。

mother nature もhuman nature もなかった。

自由になった彼は 博士の秘書のガブリエルと共に国外に行くことをもくろむのだった。

 

本当は 大物詐欺師の素質を持った類人猿であり、ヒューマンネイチャーをおちょくって面白がっている監督のための作品であり、子供のおもちゃである。