読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スッポコ谷の楊貴妃

もうすでに還暦女子。すっぽこだにで瘀血と戦ってます。ホテルの換気扇が嫌いすぎて旅行できないのが悩み。映画の感想を書いていきます。(^o^)

ビリギャル 2015年

工藤さやかは、なぜか小学校になじめず、そのため、2度も転校していた。そんな気の弱い女の子であった。

出演は主役、有村カスミ、  塾の先生、伊藤淳史、父、田中哲司    母、吉田羊 などである。

 

母親は、あーちゃんと呼ばれ、あまり出来の良くないさやかを、かわいがり、私立校に入学させて、

好きな事ばかりして暮らせというのだった。それは、暗かった我が子を何とか明るく人生を歩かせるための精一杯のことであった。

 

高校までさやかは、勉強一つせずに呑気に過ごし、結果、おちこぼれほどの学力や常識しかない子になっていた。

高校でもその学力のなさが問題となり、卒業が危ぶまれるほどになっていた。

母は心配して 塾に行かせることにした。

その塾の先生は、超柔軟な心で生徒と接していてさやかの気持ちをつかんだのだった。

先生役に、個性的な伊藤敦史が、かなり本気でがんばったとおもう。

塾長にはあの懐かしい、あがた森魚(もりお)が扮している。なかな気づかない。

小学生のドリルから始まり、だんだんと上に上がって行くのだ。中学生の英語もクリアーしたあたりで 

勉強は本格的になって行く。苦手な日本史、小説も読み込み、英語の長文も徐々にできてきた。

小論文のコツもわかってきた。元々、反骨精神のあるさやかであったので 、 着目に優れており論文は結構良いものができるのであった。

これらの膨大な勉強をコツコツとこなし、学校にも行き 友達とも夜遅くまで遊びもした。

もうスケジュールは パンパンであった。

ある日友達が、そんなさやかの事に気付き、「もう遊びーに誘うのはやめるよ」と告げる。

さやかの、一生懸命な気持が本物だとだと気づいたからだった。

何度も何度も、学習の壁にぶつかりながら すすんでいく。

塾の先生も 必死であった。マンツーマンで 的確な指導が投下された。

それが幸いして  何とか 伸びて行く学力。塾は毎日通う事になった。

母親は、塾の支払いのために二つの職を兼ねるのだった。

父親は、さやかのことをバカにしていて 「慶応大」なんて絶対入れないのに お金は出さないというのだった。彼には彼の理屈があって 息子の野球人生にかけていたのである。ただ、息子の人生に踏み込み過ぎて 逆に反感をかっていたのであった。

息子は父に黙って勝手に野球部をやめてしまい、 父親は本心から愕然とするのだった。

 さやかの模擬試験の結果は、はかばかしくなかった。慶応にはまだまだ手が届かない。

過去問題を見たさやかは問題の難しさに慄いた。もうだめだとおもってしまう。

しかしまた先生の言葉や、必死に働く母の姿を見て、もう一度奮起することを 誓うのだった。

母の為に 、父を見返す為に、兄弟の為に頑張るさやか。やはり長女の鏡である。

 

 

 

 

本番の試験の日は急にお腹が痛くなり試験の間に何度もトイレに通ってしまい、大失敗をしてしまう。

しかしそれでもさやかはあきらめてはいなかった。

スッポコならこんなの絶対無理ですわ。一度挫けた気持ちはなかなかもとに戻らないもの。

二日目の論文に賭けて踏ん張るさやか。観ている方もハラハラで有る。

 

論文は上手くいき、ついに 入学をてにする。

 

特別優秀でもない、特別強くもない平凡な人間が平凡に頑張る姿になぜか共感をしてしまうスッポコ。

その気持ちよくわかるよ、がんばれよと、涙がでてくるんです。

よろこびあう人々。

 

  有村架純の平凡な顔は、ともすれば流れてしまうような映像なのだが その平凡さが、かえってリアルとなっていて、みじかな現実であるかのようにおもわれるのである。

離れて住んでいるスッポコの娘にそっくりな有村架純である。茶色いロン毛に、つけま、軽い若者ファッション、そんなものに包まれた主人公がどうしても娘と重なってしまう魔法の様な映像だ。

さすがだよね。

今は朝ドラで活躍中の有村架純 は、万人受けする魅力を持ったタレントと言う事で、そこに価値があるんだよ。