スッポコ谷の楊貴妃

もうすでに還暦女子。すっぽこだにで瘀血と戦ってます。ホテルの換気扇が嫌いすぎて旅行できないのが悩み。映画の感想を書いていきます。(^o^)

大統領の料理人 2012年

コレは、ドタバタ劇か、料理映画か、サッパリわからんちんの映画でした。

エリゼ宮殿で仏大統領の料理番に抜擢された女の話だが、この女は、エリゼ宮に長くはいなっかった。

宮殿の栄養士や、執事などにゴタゴタ言われたりして、思ったようにならないことが多くて、辞職してしまう。

そして南極に渡り南極の基地の料理番になる。不思議ちゃんである。南極の基地でこんな地の果ての野党どものために一生懸命に料理して喜ばれる。がここでも何かよく分からない違和感で主人公の行動がみたされている。なんの行動かなんのための行動かはっきりせず、ただもごもご動く主人公だ。

きっと、女優にもわかっていなかったと思う。

 

だがこの南極もオタサーの姫にはすでに辞職の時となっていた。なんですぐ辞めちゃうのん?理由もわからないまま、映画は勝手に進んで行くので、厄介だ。

エリゼと南極と二つの場所を行き来する画像がウザイ。まとまりが無い。頭悪すぎ。

何も作ってない感があふれすぎている。

一つの料理を丁寧に、つくって行く過程が抜けているので、何を作っているのか、分からなくなるのだ。どこどこ産のアスパラガスとチヂミキャベツと、どこだか産のバルサミコを、とか言ってたな。ばきゃやろう、観客の目をなめているのかい。どうせフランス料理などわからないと思って。

いつも何か作っているようで、なにも完成しない料理ばかり。

料理の香りも味も伝わらない料理に驚くばかり。フランス料理ってこんなに気合のはいってないものなの?よくわからない。

この女、いかさまコックか。映画の中心となるであろう料理長や他のコック達との争いも描かれていない。色々な点であてがはずれてとまどうスッポコ。

そればかりか、広いエリゼ宮殿のどの辺りで料理作ってるのかとか、部屋の立ち位置とかも何も分からないので、なぜこのような小さな部屋で、こってんこってんパイなど焼いて、どこに持って行くのか、おやつか朝食か昼食かってなところだ。なにもわからずじまい。主役が何をしているのか意味も目的も見失った作品かと思われる。

料理する者は、まず、目が座っているものだ。じっと完成までの行程をシュミレーションして、完璧を期すために、息を凝らして集中している。舌に神経を集中している。食材の色を見極めるためにまばたきもしないとおもうが。この女、ヘロヘロしておしゃべりばかりで、きびきび動こうともしない。こんなトロトロしていたら、食材もも腐ってしまうわ。

 

大統領は、ミッテランに仕えたというこれは実話らしいが、ほんとうはもっと軍人みたいな女だったんとちゃうの?そうでなければ、宮殿の料理などできまい。大統領の来賓たちを素敵な料理でもてなすことも大切な仕事だから、うかうかしてはいられないはず。

なのに、常にウカウカしているようにみえる映画でした。ツラかったあー。

主人公の女は、まず中年の女だが見栄えが良くないんだ。この女優さんには本当に悪いのだが、見栄えが良くない。

口が避けたように見えるのはどういうことだ?うん?

口裂け女か?この人には本当に悪いのだが、口裂け女に見えて仕方のない映画。

低予算、逃げ腰、やる気ないのにアカデミー賞ねらってる。ヘンテコリンでバラバラのジグソーパズル。ポンポコピー

 

 

大統領の料理人 [DVD]

大統領の料理人 [DVD]