スッポコ谷の楊貴妃

もうすでに還暦女子。すっぽこだにで瘀血と戦ってます。ホテルの換気扇が嫌いすぎて旅行できないのが悩み。映画の感想を書いていきます。(^o^)

神々の山嶺(いただき) 2016年

ついに来ました。岡田准一阿部寛の山岳映画でした。早くエヴェレストがみたい!そう思っていたのだが、

そもそもこの二人が出ている映画は、何故だかわからんが、おもしろうないんですよ。

うん、これは何か忖度があったためにずっこけてしまった例であるのかもしれない。世界的な作品とかそういうことを言うから身動きできなくなるのでは?

顔怖いだろう。2人とも。暴走族の映画のような乱暴な品のない喋り方。なぜあんなに力んで喋るのか。阿部も岡田も、マジ、こんなことでは、生き残れない。下っ端の役とかやって自分のハマリどころを探すべきだ。いつも善人やいつも主役ばかりしていてはどんどん悪くなるばかりであるよ。

これってオセッカイだろうけどね。

はっきり言ってスッポコはどちらとも結婚したくない。阿部のほうがよりしたくない。

クセがありそうだし、笑顔が可愛いのは岡田の方であろう。

芸能界で出世してお金儲けて、まるで、学校の先生か、会社の椅子とりでもあるまいし、出世演技は、

もう其れくらいにして欲い。芸能界で出世して、何か大きな目算でも有るのか?いや、アルマゲドンの「宇宙で銃」というセリフを思い出したわ。

山に登る時も、もう少し細かいところを見たかったなあ。山登りのノウハウは何も出てこなくて、つまり、人間ドラマ一色ですよ。メロドラマか。尾野真千子がなんかしゃべってるけど聞き取れない感じがありました。ほぼ台詞のない役でしたけど。

阿部の名前は、羽生丈二だったし、岡田は深町誠だってよ。こんなふざけた名前があるもんか。

何が深町だ。こんなしゃれた名前、スッポコの周りには一軒もない、あたりまえだ。

いろいろ問題のある作品になってしまった。音楽も、何か、物語に対して大袈裟すぎる。音量を何度も調整しながら見るハメとなった。音楽で映像を誤魔化そうとしたのだろうか。すこし大人げないぞ。

 

エベレストという、人間を魅了しつづける神のような山に対しては、やはり映画化はとてもむづかしいのだろうね。仕方がないさ。大きな山なんだろう。

 

阿部が、ザイルを切って、下の若者を落としたと世間では信じられていたが、本当は下にいる若者が、自分からザイルを切ったのだったということであった。その真実を彼から聞いた岡田は、阿部と言う人間を見直したのだった。山男の鑑だと。そこが、芯になっている話だ。

阿部は、1人で、頂上を目指す。

まあ、天才クライマーと言うことだからしかたのないことではある。いくら天才でも、神の山に対してはあまり調子に乗りすぎたと言うわけだ。地元の老人ガイドは、「頂上に着くあたりで、登山者は山の神に愛される者かどうかの裁きが行われる」というのだった。愛された者は無事に頂上に着けるのだ。

もうすぐ頂上というところで、空の上から巨大な雪雲が降りて来た。

 

ようにみえた。

 

超高い場所の空というものは、人を寄せつけない厳しくおそろしい異常性を持っていて、突然に襲いかかってくるものなのだろうか。

映像では、結局何が起こったのか製作関係者以外はよく分からないままで、

安倍は何かにのみこまれた。

それを、下方で見ていた深町は仕事道具のカメラを雪の中に置き去りにして、叫んだのだった。

ただ「アババババ、」と言う感じだ。なにこれ。

何かが、よく分からない何かが、阿部もろとも全てを呑み込んでしまった。

ここのところだが、「何かがくる!」という表現がなぜ音声になって発せられていないのか。

これでは映画を見ている者には、何が来たのかさっぱりわからんのです。白い大きな雲でした。

あれって何ですか?皆がエベレスト登山経験者じゃあるまいし、説明がなければ、わかりませんですよ。誰か分かった人はおられるんでしょうかね?

 

まず山のどの辺りに彼はいて、

その時頂上はどれくらい先で

そこで、何が起こったのか、

を明確にして欲しかった。

一番の映画の山場が、トイレでションベンしてますぐらいの場面と同じレベルになってしまう。

これじゃあ何もね。分からない…。せっかくはりきって観てるのに、観客は完全においてきぼりですよ。

もうこれには、カンカン怒り💢

はっきり言って、八甲田山の方が雪山の恐ろしさがリアルでしたよ。

阿部はおそらく、おそらくですよ、頂上についたのだが、(本当に着いたのかが分からないので推測)岩陰で凍っってしまっていた。魔物のような頂上付近では天候の変化に、誰もついて行けないのだった!(たぶん)

何もかもわからない映画。

 

彼の消息を確かめるため深町は自分も単独で、彼の足跡を辿るのだった。

そりゃあ、これでは深町にも分かっていないわなあ。確かめなくちゃね。

安倍はほんとうに頂上に達したのか?という皆が持つ疑問も、それで、解けるだろう。山男として敬愛の念を阿部に抱く岡田。男が男に惚れるということだろう。

彼のことを想って、登り始める岡田。

阿部は頂上の岩場で、

(何度も言うのだが、本当は頂上かどうか知りませんよ。)

目を開けたまま亡くなっていた。彼はつまり、山のゴッドに愛されたということか。彼は今や氷像だった。彼は紙に遺書とも言えるメモを残していた。まずそれは、真実のようにも聞こえるが、斜めからみると見栄を張ったウソのようにも聞こえる。わたしの根性が曲がっているせいだろう。いやきっとエベレストの雪が反射しているせいかもしれない。、雪の反射はもう半端ないところまで、人間を追い詰めそうな気がする。スッポコは、想像だけでも、もう耐えられない。いやはや。

 

 

 岡田は目的を果たし、無事下山する。よかった、よかった。