読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スッポコ谷の楊貴妃

もうすでに還暦女子。すっぽこだにで瘀血と戦ってます。ホテルの換気扇が嫌いすぎて旅行できないのが悩み。映画の感想を書いていきます。(^o^)

カゴイケさん よく見ればいい男だす、キャーカゴイケさーん!

この問題は渦潮のようですね。ホンモノ渦潮を見たことはないが、厄介な問題である。

土地の価格を大きく下げた張本人は海の底にいて、姿を見せない。

昭恵夫人のことも作り話かいな、それとも夫人が真っ白なウソをついたのかね。

カゴ池は「ボス」にウソをつくようにと命令されている。

カゴイケにはそれによって、甘い汁がまっているのだろう。

カゴイケは命をねらわれる可能性があったのかもしれない。そう匂わされたのだ。誰かからね。

まるでマフィアの世界ですよ。おお怖い。

カゴイケはボスの言う通りに行動した。あんなに口が回る男は珍しいだろう。人はあのような場所と立場でも、ろうろうと、水が流れるように上手に喋れるものなのか。まずその事にたまげたわ。

まるで作られた脚本を読んでいるようではないか。

いろんな人の名前が出たが、おそらく脚本通りの筋書きであろう。

 

契約書の秘密は、あの世まで持って行くのだろう。カゴイケ自身と家族のためにね。

それほど恐ろしい、大きな力を持ったボスザルなんだろう、黒幕はさ。

みんなが嘘ばっかだよね。

 

でも、ウッスラと見えてくるんじゃないかな、段々とさ。

誰が1番の嘘つきなのかってこと。

そいつのした事は、泥棒や詐欺と同じ犯罪で、人間としてクリミナルだって、

国民のために謝罪してほしいけど、

これ無理っすかね。

 

スッポコが言いたいのは、時の権力者が、国家権力と同化して権力を行使しはじめるといくらでも、

無法なことをしでかすと言うことだ。

とんでもないことをやれるという 「危険」  についてなんだ。

犯罪が、はんざいでないということになり、多くの人が代わりに罪を着せられたり財産を奪われたりする。

自分のことではないと思っていても、魔の手は近くまで来ているのである。

狙った獲物はなんと言うか、どんな手を使ってでもやるだろう。

かれらには権力が自分の手足の様に好きに使えるのでね。

 

「国家の御紋」を付けた狼や狐がうろついている

 

すっぽこも昔、山道で出会った国の御紋を付けた狐、いや、薄ぎたない御紋イタチにだまされてな。酷い目にあいかけたのですから、つまりは狙われた人々は自分があずかり知らぬ間に被害に合うのだ。

 知らぬ間に自分の土地に杭がたちロープがはってあったもんで。もうびっくり仰天!

もうイヤ❗️