スッポコ谷の楊貴妃

もうすでに還暦女子。すっぽこだにで瘀血と戦ってます。ホテルの換気扇が嫌いすぎて旅行できないのが悩み。映画の感想を書いていきます。(^o^)

殯の森(モガリノモリ)2007年 河瀬真美監督

河瀬のフランス映画ということになっているらしい。場所は、奈良らしい。奈良にはこんな平たい里山が豊富にあるってことか。行けども行けども笹や細目の木が生い茂る雑木林である。

ヘルパーの真知子(尾野真千子)はしげきさん(ウダシゲキ)というお男の世話をしている。彼は若くして奥さんを亡くしていた。

その後認知症を発症したのか。一方、真知子の方も、幼い息子を亡くしていてまだ傷が癒えていないのだった。自分の不注意で息子は死んだ、と夫からも責められていた。こんなこと周りから言われてたら、たまらんで。

さてうだしげきことシゲキだが、この人が老人の中では一番若く殆ど老人ではない。周りはヨボヨボなのに、シゲキだけは、筋肉もついていて、動き方にむだというものがない。

コリャア、おかしげなことだわ。

ある日、アウトドアーが好きなシゲキさんのために真知子ヘルパーは、車で外に出ることになった。

ちょっと、そこまでのおでかけのつもりだったのだが、道が消えた場所で(これ、田舎ではよくあることです。)車が動かなくなってしまった。車輪が、溝にはまってからまわりしてるだけだろう。

スッポコもよくこんなことになってSOSを何度か発している。いやーバツが悪いもんですわ。

スッポコの場合、いつも誰か来てくれて助けてもらっている。いやー運がいいのよ、わたし。

 しかし真知子とシゲキの場合は、良くなかった。シゲキはどんどん勝手に逃げて行方不明になってしまった。驚いた真知子は、必死になって、探し回る。彼は、スイカ畑で、スイカを割って食べていた。

これは人間の手の入った畑であり、人工の範囲内にあったのだ。ここで終われば、なにも苦労はなかったのだ。しかし彼はまたどんどん勝手に山へ入って行ったのだった。そこはもはや、人間の手の届かないような、動物と遭遇するような山の中であった。いや、道はあった。これは人工の道で、人間が通るために作った人間道だ。ただ草木が深く生い茂っている。見ているものもだんだんと不安になる。

問題は携帯が圏外になってしまった事だ。これはもう迷ったという事なのか。

このような状況で、なぜか真知子は、シゲキに頼る。変な事だ。早く人間世界に帰らなければ、本当に迷って帰れなくなってしまうと、見ている者は焦りだすのである。

シゲキさんは元気で、どんどん歩くのである。ヘルパーもただそれについて行くのだ。

これもおかしげである。真知子は進み続けるシゲキさんを止めることもできないのだ。

ついには2人はシッカリと抱き合ったまま暖をとって一夜を明かすのである。これは大変な事に!

やっぱシゲキは只者ではなかったってことだね。

認知症の男とヘルパーが抱き合うなんてね!別に認知症ということにこだわりがあるわけではないのですが。だって、シゲキさんはなんか色っぽいし、結構いい男なんだな、これが。やっぱフランス映画なんで。

いやー、やめてくださいよ、監督。

その後、2人はそれぞれに亡くなった者たちのために、何ができるのかとか、生きている自分たちに何ができるのかとか、いろいろ考えて、回り回って、森の中で、涙を流し、心の浄化をはかるのだった。

ここまで来なければ、解決できない心の苦しみ、悩みというものが2人にはあった。

真知子は、ここに導いてくれたシゲキさんに、感謝して人間として生き返ることができたのであった。

 

スッポコは、この夏の暑苦しい森の中では、撮影などまっぴらごめんです。きっと虫にいっぱい噛まれるんだぜ。

トイレにもいかない、ご飯も食べない、お茶も飲まない。ちょっと2人とも、人間らしいところが省いてあって、へんなかんじ。それに実際の山は、こんなにヤワイ場所ではないとおもうよ。

監督はそれを、いとも簡単に庭を歩くピクニックのように描いている。これはそもそもまちがいだとおもう。

彼女は所詮、都会人なのだろうか。山はただの「手段」になってしまってるんだよ。

山はもっと切なくて、かなしいものだよ。

 

 

殯の森 [DVD]

殯の森 [DVD]