読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スッポコ谷の楊貴妃

もうすでに還暦女子。すっぽこだにで瘀血と戦ってます。ホテルの換気扇が嫌いすぎて旅行できないのが悩み。映画の感想を書いていきます。(^o^)

博士と彼女のセオリー 2014 エディ レッドメイン主演

この人「ファンタスティックビースト」で話題になってる人だよね。相手のフェリシティのことはよく知らないし、何か人形のような顔の人だなと思いました。もう少し個性があったらよいのにと、おもわざるをえません。日本で言ったら堀北真希ってところかも。

大学時代に知り合った二人は、ホーキングが発病するも愛し合い家庭を持つ。深い愛で見守る妻であった。その間にも、ホーキングは次々と素晴らしい宇宙の理論を発表してゆく。

博士号を取り 学会で発表したりして色々よいことが続くのだが、。それは博士の病魔の進行と引き換えにであった!進み過ぎた彼の理論は宇宙物理学の先端を行くもので、本も出て、1000万部も売れたのだった。そんなことをしているうちにホーキングの病状はどんどん悪くなり、たんも唾も自分で出すこともできなくなり、喉が詰まって何度も危機に瀕するようになっていた。とうとう、呼吸の確保をするために、喉の切開をして声を失ってしまった!

妻や子供達とも、もう話すことができない。精神的にも追い詰められて行く博士であった。

 

博士は、体は動かなかったが、なぜか子供がバカスカ生まれるんだな。しかもモテモテ。

 

 

 

と。ここまでは 博士のドキュメンタリー風な作りになっている。以後もやはり同じくドキュメントストーリーが続くのである。
つまりこれは、映画ではなくて、彼の実生活を延々と描いているように見える。つまりツマラナイ。あ、ゴメン!
で、彼は自分の世話をしてくれるヘルパーと仲良くなっていた。

 

 

 

スッポコはこの手の男が大好き。しかしこの頭脳の優れたるソフトな男の発するセクシービームがまぶし過ぎて退散致した。こういうセクシー男が恥ずかしくて恥ずかしくてニガテなのじゃよ。

本物のホーキングが出ているテレビ画面も目をそらしちゃうんだ。直視できない。

 

こどもたちもおおきくなった、ホーキングは妻と別れて、ヘルパーといっしょになる。

元妻は、深く彼を愛したが あらゆる面で 彼の介護は想像を絶するものだった。

彼女は疲れ果てた。子供達の世話もあったことだし。

妻は彼との別れを理性的に考えたのだろうか。実際辛い辛い決断であったろう。

 

ホーキングはその後 エリザベス女王から勲章をもらい ナイトの称号をもらったのだった。

元妻とは、良き友人、理解者であり勲章を受けに二人で出席したのだった。

彼はナイトの称号は辞退した。ナイトとは、多分、貴族の称号のことであろう。

ドキュメンタリータッチの映画で、脚本もないような薄っぺらな映画になってしまった。あっ、ゴメン!