読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スッポコ谷の楊貴妃

もうすでに還暦女子。すっぽこだにで瘀血と戦ってます。ホテルの換気扇が嫌いすぎて旅行できないのが悩み。映画の感想を書いていきます。(^o^)

猟人日記 2003年 ユアン マクレガー 主演

ツルゲーネフとは無関係のストーリーで、びっくりしちゃいました。考えが甘かったなあ、と反省。
しかもどっかで見たことのある主人公と思っていたら、ユアンマクレガー。またまた彼であることを見破れなくて、ガックリしたところです。
彼が見つけた土左衛門(水死体)は、彼のかつてのの恋人であった。彼と会っている時に、誤って川に落ちたのだった。それを助けもせずに、帰ってしまった彼であった。その後かれの元に、川に落ちた彼女の死体がやってくるが、これはただの偶然である。いや 必然であったかもしれないが。
彼は過去を隠して、船の雑用夫としてある船に乗り込む。そこの奥さんと恋仲になり、船長の隙を見てはいつも好き放題をしていた。しかし、とうとうばれてしまう。奥さんの妹にも手をだしたりで、てあたり次第にやっていくのである。だがこれは自分の過去の罪を忘れたくてのことであった。
死んだ女は、殺人事件ということになり、犯人がつかまる。そして有罪の重い刑になる。だが彼は無罪であった。それを知っているのは主人公のみであった。主人公が川に落とした(事故であったが)女であったのだから。容疑者の裁判を見学にいき無罪の犯人を間近で見る彼であった。彼の目の前で、かれは重罪になってしまう。が、ただ見ていることしかできない自分がいた。
この映画は、かれのエピソードが、時間を無視して次々と出てきて、よく訳のわからない筋たてになっている、わざとだろうか。よくよく見ていないとわからなくなる。
ポルノのようなところもあるが、全く笑えない変な映画であった。ただツルゲーネフ猟人日記という題名に免じて観た映画である。

猟人日記 [DVD]

猟人日記 [DVD]