スッポコ谷の楊貴妃

もうすでに還暦女子。すっぽこだにで瘀血と戦ってます。ホテルの換気扇が嫌いすぎて旅行できないのが悩み。映画の感想を書いていきます。(^o^)

ミス ポター 2006年 イギリス ・アメリカ映画

ビアトリクス  ポターは ピーターラビットの生みの親だ。絵本作家だったポターの仕事と恋についての映画である。すっきりとした出来でごね回してなくてよかったと思う。爽やかさのある映画とも言える。それはレネー ゼルウィガーの知的な演技のおかげである。お相手はユアンマクレガーである。
あれ、彼ってこんな顔だったの?髪をきっちり詰めたお堅い雰囲気である。すぐに病気で死んでしまうので気の毒におもってしまうほどお堅い紳士だ。ゼルウィガーも地味だがきりりとした出で立ちになっている。子供の頃から絵を描くのが好きで一人でスケッチをしているような子であった。絵を描くのが好きなんておませな変わった子供という印象だ。家はお金持ちで裕福そのものであった。田舎の夏の別荘では色々な動物がいてスケッチしたり遊んだり楽しく過ごした。そこで出会った動物たちが絵本の主人公となった。出版社の男性が尽力してくれたお陰で絵本が世にでる事となった。会社の他のお偉方たちは、10冊売れたらいい方だとバカにしきっていたが、その男性だけは絵の良さがわかり、「エクセレント!」の繰り返しだった。案の定、本は初版から飛ぶように売れていった。ピーターラビットだけではなく、前から温めていたアヒルのジマンマやヤマアラシの洗濯屋さんや、トムキャットなどが本にされ、どんどん売れて喜ばれた。
独身を通すポターは男性に奥手であったが、とうとう出版社の男性とは好き合って結婚の約束をする。
家はお金持ちであったが、ポターは自分のお金で独り立ちしたかった。親はポターを心配のあまり束縛していた。女の自由はほぼ無い時代ことである。
しかし、婚約者は病気であっけなく死んでしまう。悲しみが癒えない彼女は、いかし、なんとか立ち上がる。彼女は自分の描いた動物たちと一緒であった。彼らは本気で彼女を慰め励ましてくれた。その後、自然保護の団体の集会に出たり、広い土地を買ってイギリスに進呈したりした。また彼女にも運が回ってきて農場や農家を斡旋してくれた男とけっこんしたのだった。彼女はイギリスの一隅の農村を守ろうとしたのだった。
お話はこれで終わり。あっさりとした映画である。だがこれで良いだろう。主役はウサギやその他の動物達だというわけだろうから。








結婚したのだった。