読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スッポコ谷の楊貴妃

もうすでに還暦女子。すっぽこだにで瘀血と戦ってます。ホテルの換気扇が嫌いすぎて旅行できないのが悩み。映画の感想を書いていきます。(^o^)

チャーリー・モルディカイ 2015年公開

ジョニー デップ主演なので 見てしまった。

チャーリーとチョコレート工場まではシナリオもちゃんとしていたのだが、この度のは手抜きかなんかで分かりづらくて結局何だったかわかりませんかった。ごめんなさい。こんな下手なシナリオで金を取ろうなんてひどいですね。
頭のめぐりのよくないデコちゃんにも分かるようにしなくちゃいけませんよ。大抵の人がわからんのじゃないかなあ。イヤ失礼しました。何故人々が一枚のゴヤの絵を血眼になってまで追いかけるのかということをキチンといれておかないから、最後までトンチンカンのクルクルパーになってしまうんですよ。
モルデカイは朝ドラの新次郎はんのようにアホぶりを発揮しているが最後に絵画を手に入れる。しかし
その女房はすごいしっかり者で、グウィネス・パルトローが演じている。ジョニーデップはなにやらこの女に頭が上がらないようだ。食われてしまっているからね。パルトローは、良いとこの奥さんを演じさせると右にでる者はいない。綺麗に 、きれいに見える人なんだ。映画セブンでも、ブラピの奥さん役をしてたし、ほかにもきれいな若妻を演じている。たしかマイケルダグラス共演のミステリーだったが、面白かったし、清楚な若妻のパルトローは美しい女だったわ。
ゴヤの絵の裏にスイス銀行口座の莫大なお金の口座番号が書かれてあるらしいのだが。そのこともはっきりとわからずじまい。贋作があって皆が騙されたりしちゃってる。でも最後は奥さんの感が当たって、めでたしとなる。モルデカイの家の破産もまぬがれた。
まあカリビアンパイレーツでくたびれちゃったんだろうね。結局ちょび髭は ただの趣味で、本筋とは関係なかったよ。デップが日本に来て映画の宣伝してたけど、なんか気が乗らない風だった。
やはりさすがにこれでは恥ずかしくてもじもじしてたんだね。
f:id:dekochanya:20151108224538j:image