読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スッポコ谷の楊貴妃

もうすでに還暦女子。すっぽこだにで瘀血と戦ってます。ホテルの換気扇が嫌いすぎて旅行できないのが悩み。映画の感想を書いていきます。(^o^)

ブルース ウィリスの「アルマゲドン」

「誰でも知ってる映画だろ・隕石が地球に近づいてきて、それを爆破する宇宙物じゃないか。ばかばかし」そんなことを家族から言われて気付ききました。わたしはほぼ毎日のようにこの映画を見つづけていた時期があったことを。それで、みんなが知ってるんだと今更気付くわたしでした。おもしろいものはおもしろいのさ。宇宙船や宇宙の星がうまく複雑に作ってあってひきこまれます。主人公のブルースは、石油を掘削させたら右に出る者がいない世界一の掘削男。アメリカNASAにそれをみこまれて、仲間とともにNASAの宇宙船で宇宙に旅立つ。目的は隕石の中に核爆弾を埋めること。そのために隕石に着陸して掘削せよ。とのものすごーく難しい役目を負わされる羽目に。何人かの仲間を失いながら、うちゅうせんはやっとのおもいで目的を達するのだが、最後は主人公が核爆弾のボタンを押していんせきとともにぶっとんんでしまう。そのおかげで地球は助かるというお話。迫力満点の掘削作業。

わたしは掘削がこんなにおもしろいものだとは思わんかったのでびっくり。それに目をつけた監督さんとやらも、世界一の奇人変人だろうと思う。目の付け所が違いすぎるよ!
でもまあ、つまり丁度運悪く、アルマゲドンについて日本のカルトのオウム教団が(ハルマゲドン)だなんて言っていた時期と重なったのよ。そんで気味悪くて長いこと映画は観なかったのよ。映画にまでとばっちりが来やがった。ほんまに許せんのう。
さて主人公の娘の役の女優さん。いかにもモデルさんぽいひとですね。この人いろんな映画にでてますね。オネーギンにも出てたしな。あと主題歌のエアロ スミスの(I don,t want to miss a thing.)て曲もミスマッチでかえっておもしろい。宇宙とは、ミスマッチなものだろうから。あと生き残って帰ってきたひとたちは地球をすくった英雄として迎えられた。
f:id:dekochanya:20150705224145j:image
ブルース・ウィリスというのが本当だと指摘が、あった。わたしはウィルスだとおもいこんでいた。

 

アルマゲドン [DVD]

アルマゲドン [DVD]