読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スッポコ谷の楊貴妃

もうすでに還暦女子。すっぽこだにで瘀血と戦ってます。ホテルの換気扇が嫌いすぎて旅行できないのが悩み。映画の感想を書いていきます。(^o^)

まんがで読破 十五少年漂流記 (イーストプレス)

15少年漂流記を、マンガで読みました。 15人もいるので。誰が誰か分かりにくいという弱点があって、

昔から敬遠してきたのです。
しかし、今回はマンガというので、臆せずに読み進みました
。最後は、島に入って来た悪党どもを、全員やっつけて、つまり殺して、彼らの船に乗って、助かるというのですが、暴力シーンとか、現代では、ちょっと考えにくいのです。
子供たちが、悪党どもを、ガンガン殺していきます。
 
きちんと正当防衛になっているのは、さすがです。
おたがい助けあう中でも、リーダーシップの奪い合いなどが起きます。しかし無人島で、生きるか死ぬかの時はやはり一団となる理性と愛が、現れてきます。
しかし、この15少年という題名は、なんとかならないものでしょうか。また、5人ぐらいにしたほうが
ぐっと分かりやすいのに、なぜ、15人も、必要なのか、ふしぎです。
作家は、そこに、何を、求めたのでしょうか。
 
次は、スペードの女王を読み進みます。。急に、寒くなって、タイヤ交換とか、畑のさいごの収穫などに追われています。
又、今年の冬は、どれくらい、雪が降るのか、降らないのか気になるところです。全く季節が
、不順。そんなかんそうばかり
 
十五少年漂流記 (まんがで読破 MD115)

十五少年漂流記 (まんがで読破 MD115)