読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スッポコ谷の楊貴妃

もうすでに還暦女子。すっぽこだにで瘀血と戦ってます。ホテルの換気扇が嫌いすぎて旅行できないのが悩み。映画の感想を書いていきます。(^o^)

千と千尋 この映画は特別、苦手です。
何度もみましたが、キャラがみんなバラバラで関係性が、みえません。
温泉街の設定も見え透いてます。子供には こんなおもちゃばこをひっくり返したようなテンポのあるすすみかたはおもしろいかも。でも連続性がないから、おもろないんや。キャラがメッチャキモくて、意味性がない。これなら、祟り神の方が、よいです。
温泉を訪れる客もクラークたちもさくしゃの幻覚だとおもえるし。おんせんに行く人は、昔から、遊び人といった小説も数多い。私は、いえの隣に温泉があるぐらいだが、行こうとは思わない。温泉は入り方が難しく、よくないこともあるんだ。治療に使うのはべつとしても。アソビ人がつかりにいくところだよ。よく観察したら、すぐ分かります。
豪華な温泉街を出せば外国人もめずらしがるだろうしな。
大人の皆さん、そう思えたことありませんか?