スッポコ谷の楊貴妃

もうすでに還暦女子。すっぽこだにで瘀血と戦ってます。ホテルの換気扇が嫌いすぎて旅行できないのが悩み。映画の感想を書いていきます。(^o^)

責めず 比べず 思い出さず 高田明和著 2011ねん

ここ最近、ずっと般若心経の解説本を探していた。ほとんどの本が、グタグタと、長〜い解説で、ページ数を稼いだようなものばかりであった。これでは全然要点さえも意味不明であった。 しかし、確かにちゃんと親切に説明された本を読んだ記憶があった。 一か…

グリーン カード ジェラール ドパルデュー 主演 1990年

かのちょっとデブのジェラード、いやジェラール様の映画、グリーンカードだがベランダに庭のついたアパートをゲットするために、夫婦だという条件で入り込む話。女が植物マニアで、どうしても、そのアパートに入居したいというのだった。ただのウェイターで…

おしゃれ泥棒 (米) ウィリアム ワイラー監督 ピーターオトゥール オードリーヘップバーン

何の泥棒なのか、ブランドのバッグや、洋服や、アクセを盗むのか。おしゃれという名詞は 抽象名詞でなので、何を盗むのか意味がわからなくて、ずっと悩んでいたのだ。how to steal a million と言う英語題名であった。 オードリーが出てくれば、なんでも良い…

アウトサイダー コリン ウィルソン 著 1956年

奇しくも、奇しくも、この本とまた巡り合った。あれは高校生の頃、学校図書館にあったこの本をりかちゃんと読んだ。リカちゃんが、図書にこの本があると言って図書館に連れて行ってくれた。 りかちゃんには本当にお世話になった。りかちゃんはいろいろな不思…

マティスとピカソ 二人の芸術家の対話 2002年

マティスは1869年生まれであり、ピカソは1881年に生まれている。12歳の差のある二人である。 ピカソの方が有名であり、ピカソの絵を知らぬ人はあまりいないだろうし、一方、マティスの絵は、よく知られていないとおもう。 二人の制作風景もちょこちょこと出…

天地創造 1966年 ジョンヒューストン主演 監督

米 伊の合作となっている。油の乗った年代になったヒューストンが指揮を取り、アブラハムになっている。 まず、神が天地を作り、人間のオトコを土の中から作ることから始まる。次に女もあらわれる。 アダムとイブだ。知恵の実を食べてエデンを追われる二人。…

ノスタルジア 1983年 タルコフスキー監督 露 伊共作

主人公の名は、アンドレイで、これはアンドレイ タルコフスキーと同じ名前である。職業は詩人だ。 え?詩人ってどんな事をするの?と戸惑うわたし。こんなあやふやな職業ってやっぱあるのですね。 この映画は大体において詩的映像の連続であり、監督の美的感…

ノルウェイの森 2010年 松山ケンイチ 菊池凛子(リンコ)主演 トラン アン ユン監督(ベトナム)

デスノートのヒットで知られた松山主演の映画だった。長い物語で、読むのも大変そうだったので、 とりあえず映画に頼った。まあまあの出来だった。雰囲気はあっているだろう。 大体、村上春樹の作品では 北欧の都市が出てくるのが定番のようだ。ヘルシンキと…

ダニエルと子供 ヘルマンヘッセ 伝説 寓話より

なんでか、ヘッセを読むことに。いやあ、懐かしいが、ほとんど筋は忘れていたし、たいてい同じ様なお話なので、ヘッセには悪いがだいたい宗教じみた、キチガイの話が多いのだ。きちがいといったのは、尊敬の意味でだよ。そのじんぶつを述べる事は少し難しい…

植物図鑑 2016年 有川浩原作

植物のいろいろな花や葉が見れるんだ、と喜んで観たところ、植物のことは何も出て来ません。 草花好きのスッポコの思った通りにはなりませんでした。 岩田剛典(タカノリ) と高畑充希というよくわからないくみあわせでした。 行き倒れのタカノリが、ミツキの…

クリエイター 1985年 ピーター オトゥール主演

ピーター様が出ているよ、というわけでちょうどテレビでやっていたんだ。やったー、と喜んだ。 「アラビアのロレンス」も見ていないのに、酷いものだが。 可愛らしいメルヘンチックな音楽で始まるクリエイターである。なくなった妻ルーシーのことが忘れられ…

断食芸人 映画 2015年 足立正生監督

カフカ原作の「断食芸人」である。すでにたくさんの人が読んだカフカの短編であるが、スッポコは初めて読んだ。短編は だいたいすぐに読めたし、読んだので映画に向かった。原作ではとても内省的な主人公であるのだが、映画でも、そういうところを良く引き出…

今日もカレー味 きじまりゅうた 2015ねん

家にカレーに凝ってるボクちゃんがいるので、スッポコもカレーに興味が少し出てきた。 カレーって 家でも作るし、一般的だよね。それでも何故か、皆がカレーに凝るんだよなあ。 これは本当に嫌になってしまうんだ。なかなか、納得のいく味というものにたどり…

夫の存在が妻の寿命を縮めている 高田明和 2015ねん

高田80歳の時の著書である。この人の本を、数年前によくよんでて、印象に残っていた。実践的な事が、いろいろ書いてあり、文章もとてもわかりやすいという長所がある。 般若心経の解説を読んだ記憶が一番記憶に残っている。ただ。もう忘れてしまったので、も…

精神科医が読み解く名作の中の病 岩波明著 2013年

またまた岩波医師の本だ。彼は医者でありながら、たくさんの本を読み、いつ何時そんな時間があったのかは知らないが、こんなにバンバン読めるものなのだろうか。 この中で 気になったのは、やはり、「ライ麦畑でつかまえて」のサリンジャーの「ナイン ストー…

映画 カフカ 変身 2002年

この古くて、新しい不思議な物語は、チェコのプラハ生まれ(1883年)のカフカの短編である。 変身は彼が33歳の時に発刊されたのだが、他の「城」とかの作品は、死後に発表されたのだった。 41歳で死んでしまった彼は友人に原稿は焼くようにと遺言していた。し…

発達障害 岩波明 著 2017年

「狂気という隣人」など、精神科医としてかなりの数の著作を持つ作家といっても良いくらいの人だ。 今回は、「発達障害」というハッキリとしたシンプルな題名の作品である。 確かに、今までの中で、一番良い出来といってもいいだろう。全て読んだわけではな…

寛容論 ヴォルテール 1763年

寛容論を読んだ。まあ、読んだというより、見たと言った方が正しいが。なぜなら、西洋の数々の宗教はスッポコには、興味が薄く、早急に知る必要もなしと思ったからだ。これでは、読み込むことはできないであろう。しかし、パラパラとめくって一応読んだこと…

奇妙なサーカス 2015年 園 子温(しおん) 監督 いしだ壱成 宮崎ますみ 主演

変な話でなあ、説明にも不自由するのだが、これは、スッポコは、母娘の確執と見た。母に殺されかけた娘の辛い虐待の思い出。だが母は、気が狂ったまま作家になり済まし虐待された娘のことを書いた小説を発表し、人気作家となって生きていた。 スッポコは夕食…

哲学辞典 哲学書簡 ヴォルテール (仏) 1764年ごろか。

フランスのヴォルテールは1694年に、誕生した。イギリス通でもあった。イギリスのベーコン大法官や、哲学者のロックについての薀蓄。 そして奇しくもイギリス滞在中にニュートンの大々的な国葬にも遭遇した。 ニュートンは、イギリスの大英雄であったし、そ…

ドアーズ まぼろしの世界 2010年

あの「ハートに火をつけて」come on baby light my fire というのか。この大ヒットをもつアメリカのミュージックグループである。1967年から1972ねんごろまで活躍した。ざっくりではあるが。 このグループの悲しい顛末。もしくはジム モリスンに関する悲しげ…

Unknown 2011 年 リーアム ニーソン

リーアムニーソンは、シンドラーのリストの主役をした俳優だ。変わった顔に、見覚えがあった。 この顔が苦手で、シンドラーも最後まで見ずじまい。こんなことを言って申し訳ないとは思うのだが。 トウモロコシの新しい品種を巡って、ノーベル賞のバイオロジ…

ミスターホームズ最後の事件 2015年 イアン マッケラン主演

ジイさんの映画だ。これは久々に意味不明のカオスであった。イアンマッケランという、東野英二郎ばりのジジイがホームズとなって出てくるのが 面白そうだ 、きっと、おもしろいでと、思い見たのだが、、この爺さんが記憶がボケているために過去と現在が交錯…

ドトールコーヒー 勝つか死ぬかの創業記 鳥羽博道 2008年

1972年だ年に、原宿駅前に第1号店を作った鳥羽。お客様を大切にすることで 成功して来た。 ドトールを知らぬひとはいないだろう。 初めて飲んだ時は苦かった。でも、パン類はとてもフレッシュであった。 ただ初めてのセルフコーヒーだったので人がいっぱいだ…

ロンドン世界陸上 2017年

ボルト最後の出場とあって、超満員の会場である。ロンドンはジェントルマンの国と習ってきたが そういったところも ボルトは気に入っていたのだろう。ロンドンを最後の地にしたのであるから。 結果は、なんと、金メダルが、米のガトリンで、銀メダルは 米の…

ニューヨークの王様 1957年 チャップリン主演 監督

チャップリン最後の映画らしい。アメリカで名作を作っていたが、老体になって、だんだんとアメリカの生活が体にあわなくなっていったのであろう。故郷の国イギリスに帰ってしばらく休んだ後で、手がけた映画である。 この頃のアメリカは共産主義を駆除する運…

泥棒成金 1955年 ヒッチコック監督

ケーリーグラントとグレースケリーの共演で作られた映画.。ただ、ものすごい年代物だ。何しろスッポコの生まれた年に、カラーで撮られた作品である。赤ちゃんの時、砂ぼこりの舞う道路を見ていたすっぽこは、外国ですでにこんな世界が開かれているなどは知る…

シャギードッグ 2006年 ディズニー配信

大きなムク犬が出てくるので、きっと面白いぞと思って観ました。でもなんかちょっと残念賞かもと思った。 有能弁護士だったパパが犬になっって、もっと、もっと犬らしい事をしでかして、止まらないぐらいにしてほしかった。 みんなそれを期待してたはずだろ…

マイノリティ リポート 2002年 トムクルーズ主演

なんとも不思議な物語だった。というより意味不明に陥りやすい話であった。 未来都市の、犯罪についてだ。 殺人を予知する人間たちがいて、その人間らは、プールの中に沈められていて、国の管理のもとにあった。 彼らの予知夢は全てデジダルで管理されていて…

聖者の行進 TV ドラマ いしだ壱成主演 1998年

知能障害者達の働いている工場のものがたりである。石田は、永遠(トワ)というなまえの青年で、いつでも、三匹の子豚の物語を好み、特に、ウーが大好きな青年であった。ウーは、強くて賢くて、我慢強い子豚であったからだ。永遠はいつでもウーのことを考えて…