スッポコ谷の楊貴妃

もうすでに還暦女子。すっぽこだにで瘀血と戦ってます。ホテルの換気扇が嫌いすぎて旅行できないのが悩み。映画の感想を書いていきます。(^o^)

寛容論 ヴォルテール 1763年

寛容論を読んだ。まあ、読んだというより、見たと言った方が正しいが。なぜなら、西洋の数々の宗教はスッポコには、興味が薄く、早急に知る必要もなしと思ったからだ。これでは、読み込むことはできないであろう。しかし、パラパラとめくって一応読んだこと…

奇妙なサーカス 2015年 園 子温(しおん) 監督 いしだ壱成 宮崎ますみ 主演

変な話でなあ、説明にも不自由するのだが、これは、スッポコは、母娘の確執と見た。母に殺されかけた娘の辛い虐待の思い出。だが母は、気が狂ったまま作家になり済まし虐待された娘のことを書いた小説を発表し、人気作家となって生きていた。 スッポコは夕食…

哲学辞典 哲学書簡 ヴォルテール (仏) 1764年ごろか。

フランスのヴォルテールは1694年に、誕生した。イギリス通でもあった。イギリスのベーコン大法官や、哲学者のロックについての薀蓄。 そして奇しくもイギリス滞在中にニュートンの大々的な国葬にも遭遇した。 ニュートンは、イギリスの大英雄であったし、そ…

ドアーズ まぼろしの世界 2010年

あの「ハートに火をつけて」come on baby light my fire というのか。この大ヒットをもつアメリカのミュージックグループである。1967年から1972ねんごろまで活躍した。ざっくりではあるが。 このグループの悲しい顛末。もしくはジム モリスンに関する悲しげ…

Unknown 2011 年 リーアム ニーソン

リーアムニーソンは、シンドラーのリストの主役をした俳優だ。変わった顔に、見覚えがあった。 この顔が苦手で、シンドラーも最後まで見ずじまい。こんなことを言って申し訳ないとは思うのだが。 トウモロコシの新しい品種を巡って、ノーベル賞のバイオロジ…

ミスターホームズ最後の事件 2015年 イアン マッケラン主演

ジイさんの映画だ。これは久々に意味不明のカオスであった。イアンマッケランという、東野英二郎ばりのジジイがホームズとなって出てくるのが 面白そうだ 、きっと、おもしろいでと、思い見たのだが、、この爺さんが記憶がボケているために過去と現在が交錯…

ドトールコーヒー 勝つか死ぬかの創業記 鳥羽博道 2008年

1972年だ年に、原宿駅前に第1号店を作った鳥羽。お客様を大切にすることで 成功して来た。 ドトールを知らぬひとはいないだろう。 初めて飲んだ時は苦かった。でも、パン類はとてもフレッシュであった。 ただ初めてのセルフコーヒーだったので人がいっぱいだ…

ロンドン世界陸上 2017年

ボルト最後の出場とあって、超満員の会場である。ロンドンはジェントルマンの国と習ってきたが そういったところも ボルトは気に入っていたのだろう。ロンドンを最後の地にしたのであるから。 結果は、なんと、金メダルが、米のガトリンで、銀メダルは 米の…

ニューヨークの王様 1957年 チャップリン主演 監督

チャップリン最後の映画らしい。アメリカで名作を作っていたが、老体になって、だんだんとアメリカの生活が体にあわなくなっていったのであろう。故郷の国イギリスに帰ってしばらく休んだ後で、手がけた映画である。 この頃のアメリカは共産主義を駆除する運…

泥棒成金 1955年 ヒッチコック監督

ケーリーグラントとグレースケリーの共演で作られた映画.。ただ、ものすごい年代物だ。何しろスッポコの生まれた年に、カラーで撮られた作品である。赤ちゃんの時、砂ぼこりの舞う道路を見ていたすっぽこは、外国ですでにこんな世界が開かれているなどは知る…

シャギードッグ 2006年 ディズニー配信

大きなムク犬が出てくるので、きっと面白いぞと思って観ました。でもなんかちょっと残念賞かもと思った。 有能弁護士だったパパが犬になっって、もっと、もっと犬らしい事をしでかして、止まらないぐらいにしてほしかった。 みんなそれを期待してたはずだろ…

マイノリティ リポート 2002年 トムクルーズ主演

なんとも不思議な物語だった。というより意味不明に陥りやすい話であった。 未来都市の、犯罪についてだ。 殺人を予知する人間たちがいて、その人間らは、プールの中に沈められていて、国の管理のもとにあった。 彼らの予知夢は全てデジダルで管理されていて…

聖者の行進 TV ドラマ いしだ壱成主演 1998年

知能障害者達の働いている工場のものがたりである。石田は、永遠(トワ)というなまえの青年で、いつでも、三匹の子豚の物語を好み、特に、ウーが大好きな青年であった。ウーは、強くて賢くて、我慢強い子豚であったからだ。永遠はいつでもウーのことを考えて…

ロック・ザ ・カスバ 2015年 ビル マーリー主演

あらすじでは 楽しく ワクワクするものだと思えたのだが 以外と イランとか イスラム教とかが絡んで 難しい解釈になっていた。かみ砕く様な脚本がなくては スッポコの様に 政治や情勢に疎い者には、チンプンカンになってしまう。 女は舞台では歌ってはならな…

石がいっぱい

今更ながら石ってすごいね。硬くって、重くて、ちょっとやそっとじゃ動かせない存在である。 石でできたお地蔵さんは、たぶん江戸時代ごろからずっとそこに立っているんだ。 ほぼ大人の背丈ぐらいはあるが、坐しているのでどっしりとして安定感のあるものだ…

music アルバム 「In this approximately infinite universe 」by Yoko Ono

つまりこの二枚組の歌は、40年以上前のヨーコの作品だが、彼女が85歳になりに及んで、あたらしく出るんだろうな。まあお懐かしや。 人間が二枚組で、ヨーコの筆跡で、訳文がつづってある。 素敵なヴォーカル系の歌が次々と沢山続きます。少しだけ英語の勉強…

ナイトキング ホスト王 破天荒 イシダ壱成主演 2009年

最近いしだの映画をよく見るようになった。というのも、なんか軽いノリのものが見たいと思ったからだ。ヘビーなものはこの夏の暑さにはむいていない。壱成ならなんとかしてくれそう、なんてね。 2年ほど前に、壱成がお父さん役で出ていた、そうだ、アルジャ…

イースター パレード 1948年 ジュディーガーランド主演

イースターパレードにしろ、スター誕生にしろ ジュディー主演の映画は、なにか、悲壮感がただよっている。特にスター誕生は 自分が、スターダムにのっかていくに連れて、旦那が酒浸りになり、夫は最後は、自ら命を消していくという、とても暗い行程である。…

スターバックスの最強戦略 2013年 浅沼宏和

スターバックスの戦略本の中で、この本が良かろうと思う。 読むと疲れが取れるし、頭に難なく入ってくるのがすごい。お気に入りの音楽を聴いているようなものである。 スタバは遠いしなかなか行けないので、スッポコは普段は 不味いコーヒーをすすっている。…

田舎のパン屋が見付けた「腐る経済」 渡辺 格 (いたる)

主人が持っていた本だが、退屈していたスッポコは、この本に出会った。本「と」出会った、ではないですよ。パラパラと読んでいく。 ど田舎で、パン屋をやっている人の本だった。 まあ、パン職人さんの本なのだが、疑い深いすっぽことしては、まるまる信じら…

human nature ヒューマン ネーチャー 2001年 ミシェル ・ゴンドリー 監督 米 仏 合作

せいさくしたのは、「マルコビッチの穴」と言う映画の監督だが、ヒューマンネーチャーはゴンドリーに監督させたらしい。マルコビッチと聞いただけで、ははあ、そうなんだと、失望にたどり着く。 ヒューマンネイチャーは1982年にマイケルジャクソンが歌った歌…

外食 2017年

この頃なんとなく、体調が荒れていて、明日までには死ぬんじゃないのかって、思ったりすることが多い。 そういう訳で、お金を出して食べる外食は、やはり、厳選されたものが良い。 変な混ぜ物の入った料理はおことわり、バターの代わりにマーガリンたっぷり…

借りぐらしのアリエティ 2010年 米林 宏昌監督 the secret world of arrietty

ステキですね。この監督は、思い出のマーニーも監督しました。本当、ウットリですね。 ただ、何度もテレビ放送していたのに、本気になれず、途中でリタイアーばかりしてたのです。 背嚢を背負ったような父親に、少しギョッとしたが、よく見れば、ケビンコス…

虹泥棒 1990年 ホドロフスキー監督

おもしろい題名ですな。それに出演者にも注目ですよ。ピーター オトュール(アラビアのロレンス)が出ているのよね。気のおかしい、メレアーグラという初老の男である。こいつは、ドイツの大富豪の、甥っ子とかなんだが、何故だか、子供の時から変で、奇異な人…

カンディード ヴォルテール作 1759年

映画キャンディを観たことから このカンディードと繋がることとなった。キャンディはカンディードからきているらしいからだ。楽天主義の権化であるカンディードは、元は、72代も続くドイツの男爵家の甥っ子だったが、このすごいお屋敷でのうのうと育ち、大し…

マルサの女 ⑵ 1987年 伊丹十三監督

この監督は何というか、変わっている人である。だが自ら死んでしまった。天才とは辛いものなのか? 1987年橋でにバブルが弾けるという言葉が巷に浸透していった時代であった。田舎ではまだまだピンとこない話であった。まずバブルというもの自体を見たことも…

ダンシングヒーロー 1992年

社交ダンスの大会に向けて、ダンス教室では、練習が繰り広げられていた。その中のエースは優勝候補の若い男であった。両親も彼に期待していた。必ず優勝してほしい、優勝させたい。させるんだ。といった意気込みのママであった。ママは、過去、優勝寸前まで…

ミスター ノーボディ 1973年 マカロニウェスタン

主演はテレンス ヒルというとても元気の良い若い男だが、副主演を老練なヘンリーフォンダが取っているため、どうしても、ヘンリーばかり見てしまうことになる。ヘンリーは68歳で、そろそろ老境に入る準備の時期であるが、それを利用しての演出になっている。…

1968年版 キャンディ

1968年版のキャンディは、いわゆるおバカキャラの女の子がいろんな冒険をするのだが、昔からおバカと言うのが既に存在していたのだ。今に始まった事ではないんです。 元はと言えば仏のボルテールの「カンディード」 と言うお話がもとになっているらしい。 カ…

キャンディ 2006年版

オーストラリア映画。 とにかくなんでもない映画である。何も無いよ、期待したって。 ダンというヘロイン中毒の若者とキャンディというかわいい女が好き合っていて、結婚して、 子供ができるんだが、二人とも中毒で、赤ちゃんは、中途半端に生まれて死んでし…

悪夢探偵 2006年 松田龍平主演

血みどろのドロドロした殺人が次々と起こり、警察も困り果てて、 悪夢探偵なるものを探して 犯人を突き止めることにしたのであった。 悪夢探偵はまだ若い男でものすごくみすぼらしいアパートに弟達と住んでいた。 そのうらぶれたアパートの作りは、何となく…

恋のエチュード 1972年 トリュフォー監督

5月の何か気だるい午後にこの映画をみる。音楽がまたまたすばらしい。トリュフオーの映画の音楽はどれも素敵である。この不安定な緑の木の葉の木陰を歩いているような音楽はこの映画に大きな期待をもたらすものだった。 あるフランスの青年クロードは イギリ…

日本霊異記 平安時代初期、9世紀ごろ

日本最古の説話集といわれ、奈良時代が終わって、平安京への遷都があり、時代が動いていた頃の話だ。景戒と言う人が著した。 奈良時代には既に奈良の大仏さんが出来上がっていたのに、遷都した訳は、大仏作りに疲弊したこともあるし、僧侶が台頭してきたため…

アデルの恋の物語 続き

なんか投稿に失敗しちゃって、ノコッタノコッタと言う感じです。 アデルは、バルバドス島で、一文無しで 行き倒れになり、地元住民に助けられる。その後、ピンソン大尉と出会うのだが、まったく彼とはきがつかない。 気持ちはただ自分の恋に夢中なのであった…

アデルの恋の物語 1975年 トリュフォー監督

これは恋のために気が狂って行く女の記録である。だがこの娘には重要な後ろ盾が控えている。 この女はアデルといったが知り合いもツテもないアメリカに単身でイギリスガーンジー島から恋人を追いかけて来たのである。 「 この話は実際あったことであり、真実…

舟を編む 2013年 松田龍平主演

紙の辞書の話。どこかの出版社に勤める松田はちょっと冴えない社員だった。営業とかはいつもダメダメで、彼には向いていなかった。 そんな彼を見て、辞書つくりの会社が引き抜いていった。彼のような人間はきっと辞書つくりのような地味な仕事に向いているは…

危険なプロット 2012年 仏映画

現実と幻想とが入り混じり訳がわからない展開になり、終わりに近づくにつれだんだん切れ味が悪くなっていくのが難点だ。 クロードという生徒が、文学的な作文を国語の先生にみとめられ作家として育てていこうと、先生は思うのだった。この先生は、何というか…

ピアニストを撃て 仏映画 1960年制作

最初の滑り出しが美しいピアノの内部の撮影に、あっと驚くだろう。トリュフォー監督の軽快な作品である。天才ピアニストに、フランスの誇る、かのシャルルアズプナブールを起用している。アズナブールという長ったらしい、勿体ぶった響きが嫌いで、スッポコ…

ビリギャル 2015年

工藤さやかは、なぜか小学校になじめず、そのため、2度も転校していた。そんな気の弱い女の子であった。 出演は主役、有村カスミ、 塾の先生、伊藤淳史、父、田中哲司 母、吉田羊 などである。 母親は、あーちゃんと呼ばれ、あまり出来の良くないさやかを、…

Fahrenheit (華氏)451 1966年

未来の地球では、テレビが人間を支配するようになっていた。皆がテレビの言うことを聞いて行動し 思考しなくてもてれびのいうとおりにうごけばよいのだった。 その代わりに本(books)はすべて焼かれるようになった。本を読むことは罪となった。 本を所蔵する…

男性都市 1942年 ジョンウェイン

「男性都市」っていう題名に惹かれて見たのだけど、これ結構スッキリとしていておもしろかった。 大物大根役者と言われるジョンウェインの役は、ピッツバーグの炭鉱で働く貧しき男だった。気の合う仲間とアパートを借りて二人で住んでいたが、家賃も滞りぎみ…

アニー 金曜ロードショウ 2014年

今回は、あまりにひどいので、胸が悪くなりました。話になりません。 アニー(字幕版) 発売日: 2015/04/22 メディア: Amazonビデオ この商品を含むブログを見る

ポラーノ広場 宮沢賢治作 1934年発表

宮沢賢治の作品の中でも 隠れた存在感のある作品ポラーノ広場。シロツメクサの中の数字を見つけながら段々とポラーノ広場へと近づいて行く少年達。広い青々とした野原、そこはモリーオ市というのだが、明らかに、盛岡だとわかる。少年達は昼間は 大きな地主…

二人のヌーヴェルヴァーグ ゴダールとトリュフォー 2009年

フランスのヌーヴェルヴァーグの旗手である映画監督の二人である。ふたりの映像と肉声が聞けるのが楽しみだ。 「勝手にしやがれ」とか、「気狂いピエロ」などの映画で、世界的に有名になったゴダール監督。それ以来何でもかんでもゴダールといえば、いっぱし…

トリュフォーの思春期 1976年

大人はわかってくれないは1959年で、トリュフォー監督がまだ26歳の若いときであった。 映画では大成功を収めて意気揚々と映画の人生を運んでいたのだろう。 自由闊達、此れが彼の持ち味で、この「思春期」でもフランスの子供らの姿を生き生きと描いてい…

野生の少年 1969年 トリュフォー監督 フランス

監督初期の作品。制約にとらわれない監督で、自由に好きなように映画を作っていく。自由な散歩か、自由な山登りのように気持ちが良い。 1797年に南フランスでアベロンの野生児が、発見され、話題を呼んだ。言葉も何もしゃべらず、動物のような子供である。こ…

人間はなんで生きるか トルストイ1885年

天使が出てくる問題作と見た。ただメッチャ面白い。 ある貧しい靴屋がいて、あるひお金を持って街に行く用事があった。街でも商売はうまくいかず、寒いので酒を喰らってしまった。お金はもう無い。きっとおかみさんが激しく怒るだろう。そんなことを考えなが…

イワンのばか 1886年 トルストイ作

だからさ、ロシアの文豪トルストイよ。復活だの、アンナカレーニナだとと、善人ぶっていたのでは、いつまでたっても本当の芸術家にはなれないとおもったのか。 イワンは農夫であり木こりであり、家畜もかっていた。いつも土にまみれ肥料にまみれて暮らしてい…

大統領の料理人 2012年

コレは、ドタバタ劇か、料理映画か、サッパリわからんちんの映画でした。 エリゼ宮殿で仏大統領の料理番に抜擢された女の話だが、この女は、エリゼ宮に長くはいなっかった。 宮殿の栄養士や、執事などにゴタゴタ言われたりして、思ったようにならないことが…

クロワッサンで朝食を 2012年 エストニア フランス ベルギー 製作 ジャンヌモロー主演

ジャンヌ モロー主演の映画だが、監督はエストニアの人らしい。久々に見たジャンヌは、既に85歳の高齢で現在は89歳にもなっている。老体を隠すわけでもなく、しかしエレガントなガウンや、洋服をまとい未だに女王然とした風格を保ちこの映画に貢献した。ジャ…